かまいたち濱家の実家の貧乏話が凄い。当時の彼女の誕生日にも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年にキングオブコントで
優勝をしたかまいたちの濱家隆一。

準優勝のにゃんこスターが
大きく話題になったりと

優勝をしたものの
少々報われていない感のある
かまいたちですが

今回はそんなかまいたち濱家の
実家の貧乏話についてと

現在は結婚し嫁もいますが
貧乏時代の彼女にした
プレゼントについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■かまいたち濱家の実家

かまいたち濱家の実家は
物心ついた頃から
貧乏であったと自ら明かしています。

その理由は、実の父親が
反社会的家業の人物であって
滅多に帰ってこず、生活費も
殆ど母親に渡さなかったため。

母親は父親がそのような人物だとは
結婚して一緒に暮らすまではわからず。

4歳年上の姉とかまいたち濱家の2人を
育てるために母親が
昼夜掛け持ちでパートに出ても
生活は貧乏で苦しかったという。

■かまいたち濱家の貧乏エピソード

具体的にかまいたち濱家の
実家にはどのような貧乏エピソードが
あるかというと以下の通り。

■基本的には小麦粉で
スイトンやお好み焼き。

ただしスイトンは
残り物の野菜が少しで薄め。
お好み焼きは具なし。

■父親が別のところで借金をし
見知らぬおばさんが金を返せと
土足で家に上がってくる。

■服は姉のお下がり。
長袖服がベースで
春になると袖を切って7分、5分。
夏になると更に斬って半袖。

■靴は無地を買う。
そこに母親がマジックで
ドラえもんやアンパンマンなど
キャラクターを描き入れる。

そんな実家の貧乏生活が変わったのは
小学2年生の時に離婚して引っ越しをし、
小学5年生の時に
サラリーマンをしている今の父親と
母親が再婚してから。
 

【スポンサーリンク】

 


■当時の彼女へのプレゼントは…

かまいたち濱家が芸歴3年目のときには
月収がわずか6万円と
その時も貧乏生活をしていました。

しかし当時交際していた彼女に
誕生日プレゼントを
なんとか渡したいとして

マルタイの棒ラーメンを使い、
マルボウナーラという料理を
作ってあげたとのこと。

その名の通り、安価な
マルタイの棒ラーメンを用いて
カルボナーラ風にした
マルボウナーラを彼女にプレゼント。

■かまいたち濱家は現在結婚

そんなかまいたち濱家も
現在は結婚し嫁がいます。

嫁との出会いはかまいたち濱家が
通っていた飲食店の店員だったとのこと。

2014年6月に出会い、
2014年末に交際に発展し
2017年2月にプロポーズ。
2017年5月5日に結婚をしています。

ちなみにかまいたち濱家の嫁は
結婚時の職業はアパレル店員で
29歳とのこと。

そしてかまいたちは
キングオブコント2017に
2017年10月1日に優勝。

その10日後となる、2017年10月11日に
結婚式と披露宴を挙げたことを報告。

ちなみに嫁の顔を
かまいたち濱家に加工した上で
以下のように披露宴の様子を
インスタに投稿しています。

■おわりに

かまいたち濱家はお金を借りてでも
後輩に食事をおごる人物で、
一時期は消費者金融から
180万借りていたことも。

しかし嫁がきちんと
返済計画を立てて完済。
2016年2月からは貯金も
できるようになっていたことを
明かしています。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA