小島慶子は夫が退職でオーストラリア移住。発達障害をNHK等で明かす

夫の退職を機にオーストラリア移住をした小島慶子
発達障害であることが2018年に
わかったことを明かし
NHKなどでも放送されました。

今回は小島慶子が夫の退職を機に
現在はオーストラリア移住をしていること、
発達障害を明かしてNHKなどでも
放送されたことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小島慶子は夫の退職を機にオーストラリア移住

小島慶子は2000年に
番組制作会社の7歳年上の夫と結婚。
30歳で長男を出産し33歳で次男を出産。

そんな小島慶子の夫ですが
2013年には25年務めたテレビ番組制作会社の
仕事をやめようと思うと小島慶子に相談。

小島慶子も2010年にTBSを退社し
フリーアナウンサーと
なったことから夫の退職を応援。
それをきっかけに小島慶子が生まれた
オーストラリア・パースに移住を決意。

住める海外がありそうなところを探した結果
オーストラリア移住を決めたとのことで
両親への報告はオーストラリア移住2週間前。
意外にも両親は大喜び。

■夫にあたってしまったことも

小島慶子は不安を感じると
怒りに変換してしまう性格。
父親は一流企業のサラリーマンで
母親は専業主婦。

そういう家庭で育ったので
小島慶子は無意識のうちに
「男(夫)は働くもの」という思い込みが。

実は最初も夫の退職は
すぐに受け入れられず
「無職の夫なんてかっこ悪い」
という思いも。

そのために夫が退職をして
小島慶子が大黒柱になった時には
不安とプレッシャーから
夫に当たり散らしてしまうことも。

しかし夫は理知的に対応。
また、小島慶子の夫は小島慶子に向けて
「人の人生に巻き込まれてみないと
こんな面白いことできなかったなって」
と感謝を告げています。
 

【スポンサーリンク】

 

■夫らの立場にも共感

小島慶子はオリエンタルラジオ中田の
「良い夫やめた宣言」について
高評価をしています。

その理由は小島慶子は
以下のように考えていたため。

「女性たちは(自分も含めて)
夫婦や育児の色々を主観的に語ってきた」
「悩みなどをシェアすることで
『聖母幻想は迷惑』『良い妻はやめた』
『ママだって人間だ』など心の叫びが広がった」

「しかし夫には釈明される機会は与えられず」
「女性が男性について語る時は
過激な表現も許容されるも逆はない」

「しかし男性は黙っていた」
「言っても勝ち目がないし
怒られて終わるだけだと
諦めていたのかもしれない」

「語ると甘ったれんな!黙って耐えろ!
女は耐えきたんだと怒られるから」

「女に本音があるように
男性だって本音を吐き出したい時がある」
「それを公に語ってもいいはず」

全文は以下のリンクから。


 

【スポンサーリンク】

 

■発達障害を明かしていた

小島慶子が発達障害だ明かしたのは
2018年7月2日の日経DUAL。
実は小島慶子は41歳になってから
軽度のADHDであると発覚。

発達障害であると診断され
肩の荷が下りた気がしたこと、
自分の無様な振る舞いを
受け入れることができたとしています。

これは自分の発達障害の傾向を知り
対策を打つことが出来るようになったため。

小島慶子が発達障害を公表したのは
個性であると思えるようになったため。
また、小島慶子はそのように
自分が発達障害だと明かすと
自分もそうだ、家族もだと
打ち明けてくれる人がいるとしています。

そのように自分が
安心して話せる人だと
思ってもらえることが
とてもうれしいとのこと。

■NHKでも小島慶子は発達障害特集で

実はNHKでは「発達障害って何だろう」
をテーマにいろいろな番組で
発達障害のことを伝えるキャンペーンを実施。

2018年11月24日21時には
「発達障害って何だろうスペシャル」にて
小島慶子らが出演をしています。

また、2019年6月24日放送の
NHK「あさイチ」にもゲスト出演。
中学3年間は闇の時代で
何故うまくいくかわからず。
反抗をしまくって
ブラックリストに載ってしまい
親とも衝突したことを明かしています。

ちなみに小島慶子が15歳の時に
姉が結婚をしたので
母の関心が小島慶子に
集中するのが怖くなり拒食。
過食と嘔吐を繰り返すように
なってしまったという。

■おわりに

小島慶子は現在は夫と共に
オーストラリアに移住。
そして発達障害であることを
2018年に明かしていますが、

実は33歳で次男を出産した後に
不安障害であったことは
もう少し前から公表しています。

不安障害の理由は主に
母親との関係を中心とする家庭環境が原因。
実は母親が連絡するたびに熱を出し
夫や子供にあたりちらしてしまうように。

そんな不安障害の主治医の問診のなかで
小島慶子は軽度のADHDであると発覚。
不安障害もADHDの二次障害と
見ることが出来るとしています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください