マヂカルラブリー村上が怪我!解散を野田が2回経験でM-1王者直後

マヂカルラブリー 芸能

マヂカルラブリー村上が足を怪我した事を明らかにしました。マヂカルラブリーは3年前に上沼恵美子に激怒された件などから這い上がりM-1優勝直後の仕事ラッシュ時にまさかの足負傷。

マヂカルラブリー野田クリスタルはマヂカルラブリーを結成するまでコンビを解散。そして3年前の上沼恵美子酷評事件でも解散を一度は考えたという事を告白…。ある意味で解散危機もあったM-1優勝でした。

今回はマヂカルラブリー村上の怪我と野田クリスタルの今までのコンビ解散についてみてみましょう。

マヂカルラブリー村上が怪我

マヂカルラブリー

出典:マヂカルラブリー村上ツイッター

マヂカルラブリー村上が怪我をしたのは2020年12月23日午前。2021年1月4日放送の「NETA FESTIVAL JAPAN」のリハーサル中。

マヂカルラブリー村上は舞台の昇降機からジャンプして登場をしましたがこの時に左足(つま先)が昇降機の枠に挟まったため負傷。左足の親指を負傷し左拇趾挫傷の診断。

痛みが引くのはおよそ1週間で全治二週間ほどの怪我。幸い日常生活に支障が出るものではなく、医者からも仕事をしても良いと太鼓判。

ただしさすがに左足の靴は大きめのサイズ、もしくはサンダルのようなものを履かなければいけないとの事。痛風でも出社しなければいけなかった状況の人が身近におり、その場合は幅広であったりマジックテープで履きやすい靴を選んでいました。マジックテープとは言っても革靴なので外見はビジネスシーンでも一応使える程度のものはあった印象。

さすがに他社の人間と会う場合には微妙かもしれませんが、そのような予定がない場合や通勤に使うだけなら上記はギリセーフな気がします。

個人的には「痛風用ビジネスシューズ」という名称で探す人はいると思うのですがそのような商品名は無し。介護靴もコンセプト的には近いと思うのですけど、介護靴ですとビジネスシーンにはちょっとカジュアルすぎるかなという印象。

…まぁ痛風用ビジネスシューズとして売り出して有名になったらそれを履いてるだけで「あっこの人痛風なんだな」って思われるでしょうし、それがイヤな人も多いとは思うので商品名にいれないだけな気もします。

また、12月23日のイベントにマヂカルラブリー村上はキャンセルとなりましたがこのお知らせがあったのは足を怪我する1日前なので今回の怪我とは無関係。時期的にM-1優勝前にいれていた仕事なのでしょうか。

野田クリスタルはコンビ2度解散経験

マヂカルラブリーは野田クリスタルと村上の2007年結成のコンビ。しかしコンビ結成に至るまで野田クリスタルは2005年9月にお笑いコンビ役満を解散。その後はアンビシャスというコンビを結成するも僅か2ヶ月で解散をしています。

この野田クリスタルの解散はどちらも野田クリスタルが要因ではなく相方。役満の解散は相方が「先生になりたい」という意向だったためにそれを受けて解散。そしてアンビシャスは初舞台の日に相方が失踪して解散。ちなみに役満の相方とは円満解散であった事もあり少なくとも2017年時点では交流があったとの事。

アンビシャスに至っては結成2ヶ月での解散なので少なくともツイッターで「アンビシャス」とツイートをした事は一度もありません。

マヂカルラブリー解散危機?

マヂカルラブリーに解散危機?とも囁かれたのは2018年5月12日の単独ライブ「もうこれで終わってもいい」。もう題名からして解散しそうな単独ライブ。しかしマヂカルラブリーに解散危機があると思われたのはジョイマンの単独ライブとの混同も一因。

実はジョイマンは2018年5月に単独ライブ「ここにいるよ」のチケットが完売しなければ解散と明言していました。マヂカルラブリーの単独ライブと時期が被っていた事。

前年2017年のM-1で上沼恵美子に酷評されていたことから解散もあるのでは…?と一部で思われていたのが混同の要因。3年前のM-1での上沼恵美子のマヂカルラブリー酷評とその後についてはこちら。

マヂカルラブリーは上沼恵美子にM-1で救われた。18年にもツイート
2017年のM-1で上沼恵美子に酷評をされたマヂカルラブリー。しかしその後の対応...

また、2017年11月、及び12月には野田クリスタルがえんにち解散もツイートしていたのでその流れでもしかしてマヂカルラブリーも…?というのはあったのかもしれません。

ただし2020年のM-1優勝後には、3年前のM-1の結果について解散という言葉は出していませんが「3年前の最下位はお笑いを辞めてもいいくらいの最下位だった」と語っています。

マヂカルラブリー村上怪我と今までの解散まとめ

  • マヂカルラブリー村上が12月23日に怪我。
  • 怪我は全治二週間で仕事は通常通り可能。
  • 野田クリスタルはコンビ解散二度経験。
  • マヂカルラブリーとして解散の気配は無し。

マヂカルラブリーのM-1優勝は3年前の上沼恵美子の酷評から一転し、2020年のM-1で最下位になったものの優勝と非常にドラマ性があります。ここ最近のM-1優勝は何からドラマ性がある気はしないでもないですけど。

また、ダイヤモンド野澤輸出とマヂカルラブリー村上は以下のようなやりとりもしています。

ちなみにダイヤモンドのコントはYoutubeでも一部見ることが出来ます。

マヂカルラブリーの優勝で漫才なのかどうかの論争は起こってもいますが、こう見ると漫才とは何なのか。言葉の定義が徐々に変わっていっている気はしないでもないです。

正統派漫才というのも割と主観ですしね。個人的には決勝まで残ってる以上多くの人が漫才だと認めたのですし、決勝まで来て「漫才じゃない!」と言うのは後出しかなぁという印象。

正統派漫才しか認めない、というのなら大会規定にそう記述をしてレギュレーション違反なら予選の段階で落とすべきですしね。ネタを変えるのもあるので完璧にやるのは無理でしょうけど、それならレギュレーション違反で0点とすれば良いだけですし。個人的には細かいことはいいから面白ければそれで良いかなと。