マーティフリードマンの嫁は奥田日和。ペヤング愛をツイッターで…

流暢な日本語を話す日本在住の
ギタリスト・マーティフリードマン

現在の嫁は日本人のチェロ奏者の奥田日和。
そんなマーティフリードマンですが
実はペヤングが大好き。
自身の髪もペヤングに似ていると
認識を実はしていたり。

今回はマーティフリードマンと嫁の結婚、
ペヤング愛についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■マーティフリードマンは日本語を独学で

マーティフリードマンは1990年に
ヘヴィメタバンド・メガデスに加入も
音楽の方向性の違いで1999年に脱退。

1987年、インディーズ時代に
世界ツアーを行って日本に来た際に
日本の音楽に興味を持つように。
そしてツアーの合間に日本語を独学で勉強。
2004年には仕事が何もない状態で日本に移住。
日本のバラエティ番組にも出るようになりました。

ちなみにマーティフリードマンは
大学の通信教育で日本語を勉強。
アリゾナ州立大学の日本語での
弁論大会で準優勝を飾っています。

このときのマーティフリードマンの
弁論大会でのテーマは国際結婚。

違うバックグラウンドの人が結婚して
肌の色も文化も政治的思想も混ざり
人種の違いなどの偏見がなくなるかもしれない、
それが神様のプランだとしたら考えると面白い、

人種としてのアイデンティティは失われても
差別がなくなり争いがなくなるかもしれないと
観客に問題提起をしたかったとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■マーティフリードマンの嫁

マーティ・フリードマンの嫁は
チェロ奏者の奥田日和。
中学時代にチェロに出会い
高校から本格的に活動。
東京藝術大学を卒業した後は
ルェイユ・マルメゾン フランス国立音楽院へ。
第6回日本室内楽コンクールに入選をしています。

マーティ・フリードマンと
嫁の奥田日和の出会いは
2009年5月の「題名のない音楽会」。
二人は意気投合して交際に発展。

ちなみにマーティ・フリードマンに
とっては再婚となるとのこと。
弁論大会でのテーマ通り国際結婚。

■実はペヤングが大好き

マーティ・フリードマンは
実はペヤングが大好き。
しかし髪型もペヤングっぽいため
写真が見づらいと反省。

また、ペヤングは2014年に
異物混入事件があったものの2015年には復活。
そのことをマーティ・フリードマンは
日本語と英語のツイートで喜んでいます。

ちなみにペヤングの
ジャケ弁についても
紹介をしています。


 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

マーティ・フリードマンは
金粉入りペヤングも購入。

2019年6月24日には
「ペヤング激辛やきそば
超超超大盛GIGAMAX」という
2136kcalの新作も登場しています。

私も食べて見ましたけれどこう、
後から来る辛さなので一回では
食べられませんでした。

食べてる最中は良いんですけど
少し休むと辛いというか
痛くなってくるんですよね。

マーティ・フリードマンは
激辛もいける口のようですし
こちらも食べてみたのでしょうか…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください