中野たかし(芸人ザビリーバーズ)が病気でなくなる。ラスタ支配人の相方

芸人であるザ・ビリーバーズの中野たかし
病気でなくなったことを
相方であるザ・ビリーバーズ延藤が
ツイッターにて明かしました。

今回は中野たかしがなくなったことについてと
相方であるザ・ビリーバーズ延藤が
ラスタ池袋(原宿)という劇場を
作った経緯と現在についてみてみましょう。


 

 

■中野たかしのプロフィール

名前:中野たかし(なかの たかし)
生年月日:1986年6月5日

中野たかしは2008年8月に
お笑いコンビ「ハイアンドロウ」を結成し、
2011年11月に解散。
2012年3月10日には
大阪NSC28期生の346と共に
「ぴかいち」を結成。

ぴかいち時代の動画はこちら。

【吉本満愛劇場お披露目公演】ぴかいち

一度解散をするも再結成し
2016年5月に解散。
そしてその後延藤ミッツェル五朗と
お笑いコンビ「ザ・ビリーバーズ」を結成。
 

 

■中野たかしがなくなる

中野たかしがなくなったのは
2019年9月4日。
相方のザ・ビリーバーズ延藤が
ツイッターにて2019年9月9日に報告。

事件性はなく持病の悪化が
原因でなくなったとのこと。
中野たかしは2019年8月28日には
普通にツイートをしていました。

また、2019年9月6日には
インスタでコンビの写真を投稿。
この時すでに中野たかしは
なくなっていたということに。

実際このインスタで
ザ・ビリーバーズ延藤は
「精一杯頑張ります」「届け」
などとコメントをしており
なくなったことを
知ってからコメントを読むと…。

■延藤ミッツェル五朗のこれまで

延藤ミッツェル五朗は
もともと芸人になる気はなし。
たまたま高校3年生の時に
M-1甲子園に出場をすると決勝まで進出。

その後2008年4月から2010年3月に
パプア。というコンビを組み、
その後はお笑いトリオ
「にわとりヘッド」を結成。

ある程度売れるようになったものの
一人は失踪、一人は離婚など
プライベートが忙しくなり結局解散。

ちなみに結局失踪していた人物は見つかり
解散するかどうかの話し合いの際は
小島よしおが自宅を
貸してくれたという裏話も。

トリオを解散した延藤ミッツェル五朗。
その後小島よしおとご飯に行き
自分の劇場を持ちたいということを話すと
力を貸してくれたとのこと。
 

 

■ラスタ池袋(当時は原宿)をオープン

トリオを解散してピン芸人となった
延藤ミッツェル五朗。
2016年4月にクラウドファンディングで
新劇場を原宿竹下通りに作るとして
寄付を募りました。

目標金額は150万。
結果として230万ほど集まり
2016年8月30日、
31日にこけら落とし公演。

小島よしおも力を貸して
キンコン西野もオープンを祝っています。

2018年12月にはラスタ原宿は
ビルの取り壊しに伴い
ラスタ池袋へとリニューアルオープン。

■おわりに

ザ・ビリーバーズ延藤は
2018年8月に嫁のかなこさんと結婚。

そして念願であるラスタ池袋も
原宿時代から換算して3周年を迎えたりと
8月下旬はザ・ビリーバーズ延藤にとって
良いことが続いていました。

しかし3周年直後に相方の
芸人・中野たかしが
病気で33歳の若さでなくなるとは…。



コメント

タイトルとURLをコピーしました