野宮真貴の旦那は昼間徹史。息子は医学部進学

ピチカート・ファイヴ
3代目ボーカルの野宮真貴

ピチカートファイヴとして
活動していた時期に
旦那の昼間徹史と結婚をし
息子も生まれています。

そんな野宮真貴と
旦那の昼間徹史との
息子は現在医学部進学中。

今回はそんな野宮真貴の旦那である
昼間徹史との結婚と
その息子が医学部に進学を
していることについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■野宮真貴の旦那は昼間徹史

野宮真貴とその旦那、
昼間徹史の出会いは1993年。

昼間徹史は当時新卒で
フジテレビに入社をして2年目。
フジテレビの「ウゴウゴルーガ2号」
という番組でのこと。

社員が声を担当するという
番組であったので
フランス語が出来た昼間徹史は
自称フランス人のシュールという
キャラクターで声優として出演。

その番組で野宮真貴は
ピチカート・ファイヴとして
テーマ曲を依頼されました。

野宮真貴が初対面で
旦那の昼間徹史を「いいな」と思い
根回しをして周りの人に
協力してもらうなど積極的に行動。

しかし出会って一ヶ月で
昼間徹史は自分探しに。
そして野宮真貴はワールドツアーに
行くことになりロンドンで合流し
手紙を送り合うように。

プロポーズもワールドツアー中、
パリのエッフェル塔で。
しかしその後も旦那の昼間徹史は
自分探しを継続。

1996年に帰国をして結婚。
息子も同年に生まれています。

そして旦那の昼間徹史は
帰国時は無職だったものの
ソニー・ミュージックに就職。
ジュディマリやドリカムなどを担当。
 

【スポンサーリンク】

 

■出会いの曲は2018年も…

また、そんな野宮真貴と
旦那の昼間徹史の出会いの
きっかけとなった
「ウゴウゴルーガ2号」の

テーマ曲として出来たのが
ピチカート・ファイヴの
5枚目のシングルとなる
「東京は夜の七時」。

ちなみに2018年には
発売25周年を記念し
特別バージョンが制作。

この特別バージョンは
東京タワー開業60週年の
記念ソングにも選ばれています。

■息子は医学部に進学

1996年に生まれた
野宮真貴と旦那の昼間徹史の
息子は医学部に進学をしています。

ちなみに野宮真貴と
旦那の昼間徹史の息子は
愛称であるか不明ですが
「ニキ」と呼ばれています。

著述家、ディレクターである
湯山玲子が2008年4月3日のブログ
「野宮真貴リサイタル前夜なのだ」にて

野宮真貴と旦那、息子と
軽く食事をしたことを書いており
その際に「息子であるニキ君」と
表現をしています。

また、もともと野宮真貴は
旦那との結婚と息子の出産について
当時はファンには特に報告せず。
妊娠5ヶ月までツアーに。

さすがに息子を出産してから
2、3ヶ月は休んだものの
アルバムをリリースするなど
休んでいるとわからないように。

息子が4歳になった前後から
レコーディングや撮影現場にも
息子を連れて行くようにしており
今でもライブは見に来てくれるとの事。

更に実は息子の勉強などは
旦那の昼間徹史が
見ていた事も明かしています。

中学受験が視野に入ってきた頃に
息子を進学塾に通わせつも
塾に行きたくないと息子は家出も。

しかしそんな息子に対し
旦那の昼間徹史は
どんなに夜遅くに帰宅をしても
息子の翌日の勉強スケジュールを
立てるなど精力的に協力。

その結果第一志望の
中学に合格をします。

中学受験の頃は
合格ギリギリであった息子も
高校に入るとはじめての
テストの成績が上位に。

そして塾で息子が教えて
もらっていた先生が塾を辞めて
家庭教師になってもらったこともあり
医学部に進学を果たしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

野宮真貴と旦那の昼間徹史の
出会いのきっかけとなったのは
「ウゴウゴルーガ2号」。

そのテーマ曲である
「東京は夜の七時」は
前述のように2018年に
25周年を迎えて特別バージョンも収録。

また、野宮真貴は
2018年11月17日には
22年ぶりにフジテレビの
「ミュージックフェア」に出席。

その際にその曲名にかけて
「東京は夜の七時」と第して
SNSに画像を投稿しているのを
6年続けていると明かしています。

実際に野宮真貴のインスタを
見てみると「東京は夜の七時」
として始まる画像が大量に。

ただしこの時期について
夜の七時は食事を始める時間であり
SNSのために実生活が
少し制限されるとして
「SNSあるある」を披露も。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください