伊達公子の離婚理由は細かい所。パン屋(恵比寿)の名前はそのままで…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2001年にミハエル・クルムと
結婚をし一時期は
クルム伊達公子として
活動をしていた伊達公子

現在は二人の人生に
変化があったということを
離婚理由として2016年9月に離婚。

ついに離婚理由の真相について
2018年4月12日に明かされるよう。

そして伊達公子と言うと
離婚発表の1ヶ月前
2016年8月に恵比寿に
パン屋をオープンしたばかり。

しかも名前がフラウクルムと、
離婚したミハエル・クルムと
繋がりの深い名前であるという。

今回はそんな伊達公子の
離婚理由についてと
恵比寿のパン屋フラウクルムの
行き方などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■伊達公子の離婚

伊達公子がミハエル・クルムと
離婚を発表したのは
2016年9月27日にブログにて。

離婚理由については公式ブログで
16年間共に過ごしてきたものの
二人の人生に変化が出てきたため

別々の道を歩むのが
良いのではないか
という結論に至ったと発表。

具体的に何かがあったとは
語っていませんでした。

しかし2018年4月12日に
伊達公子は「アウト・デラックス」に
出演をし、ミハエル・クルムとの
離婚理由などを明かすことを
発表しています。

現在は伊達公子の離婚理由を聞いた
南海キャンディーズの山里亮太は
離婚理由については
「結構細かいポイント」
であると評しています。

ちなみに2017年12月には
「年取った時に
(結婚してるのは)
何かちょっと違うかな」
と離婚理由を語ってもいましたが…。

2018年4月13日追記

2018年4月12日放送の
「アウト・デラックス」では
伊達公子は離婚の理由を

今ではスポーツを全盛期と
同じレベルではやらなくなった時に
二人の趣味は何かと思い、

例えば映画を見ると
伊達公子は字幕、
ミハエル・クルムは英語。
一緒に見て話しかけても
「静かにしてくれ」などと言われたり、

そのような些細なことの積み重ねが
離婚原因でもあるとしていました。

追記終わり
 

【スポンサーリンク】

 

■伊達公子のパン屋

伊達公子がパン屋を
恵比寿にオープンしたのは
2016年8月4日。

パン屋の名前はフラウクルムであり
「クルム夫人」という
意味を持っています。

離婚したのが2016年9月なので
一ヶ月で名前が実は
正確に言うと違うということに。

また、伊達公子はもともと
食べることが好きでした。
そして特に衝撃を
受けたのがドイツのパン。

店名を考えている時は、
既に離婚の可能性もありましたが
ドイツ人であるミハエル・クルムの
おかげでドイツのパンに出会えたので
店の名前にしたという。

ちなみに離婚した今でも
伊達公子のパン屋を
ミハエル・クルムは応援してくれて
2017年12月のインタビュー時にも

伊達公子のパン屋の
イートインコーナーに
ミハエル・クルムは座っていたという。
 

【スポンサーリンク】

 

■パン屋への行き方

伊達公子のパン屋、
フラクルムは恵比寿にあり、
最寄り駅は恵比寿駅。

徒歩6分程度でつくため
行き方としては恵比寿駅まで行き
そこから徒歩が最もシンプル。

ちなみに上記インスタ画像のように
現在は日曜日も営業をしています。

■おわりに

伊達公子は2016年9月に離婚をし
2017年9月に引退。
そしてそれ以降は新宿二丁目に
通っていることをバラエティ番組で
語っていたりもしています。

また、離婚したミハエル・クルムとも
二人で食事をしたり
連絡を取っていたりと
両奥な関係であったりもします。

ミハエル・クルムの家族からも
いつでもドイツに遊びに来て
といういメールも来ていたり
家族も二人の関係に理解を
示しているようです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください