金藤理絵が引退と結婚を岐阜県町で報告。今後は後進の育成に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リオ五輪200m平泳ぎで
金メダルを獲得した金藤理絵
岐阜県町で引退記者会見を開いたこと、

そして2017年に結婚を
していた事を報告しました。

引退記者会見で結婚を報告したものの
引退理由はやりきったためであり
結婚とは関係ないとのこと。

今回は金藤理絵の引退と
結婚、そして今後の
活動についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■金藤理絵の五輪後の発言

金藤理絵は2016年8月11日に
リオ五輪女子200メートル平泳ぎで
金メダルを獲得。

2016年8月12日の記者会見で
2020年の東京五輪について
競技者として関わることは
考えられないとし、
引退する事を示唆していました。

そして2017年3月23日には
2017年4月に行われた
日本選手権について欠場を発表。

この時は引退ではなく、
今後をきちんと考えたいとして
進退について保留。

2020年東京五輪についても
もしかしたら
最終目標になるかもしれないとは
語ったものの、

このまま引退の可能性についても
あり得ると触れていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■引退記者会見

そして金藤理絵は
2018年3月7日に現役引退届を
日本水泳連盟に提出。

2018年3月16日に
岐阜県町で引退記者会見を
行いました。

引退理由はリオ五輪で
やりきったという気持ちが強かった事、
1年半休養したため
東京五輪では戦えないという事。

そして2017年の
世界選手権ブダペスト大会で
金藤理絵は休養していて
日本競泳陣は金メダルなし。

その際にコーチから
「世界選手権にでて引っ張っていたら
違う結果が出たんじゃないか」

と言われても金藤理絵は
自分が出たら変えられたという
思いが生まれなかった事などを理由として
金藤理絵は現役引退を
会見で報告しました。

引退決断のタイミングは
2018年4月の日本選手権の前に
しておきたかったという事。

■結婚も報告

そして金藤理絵は2017年に
出身大学である、東海大水泳部の
先輩と結婚もしたことを明かしています。
ただし結婚と引退は関係ないとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■今後について

金藤理絵は現役選手は引退しますが
現在所属をしている
ぎふ瑞穂スポーツガーデンで

水泳教室を定期的に開くなど、
岐阜県中心に子供たちに
競技を教えていくとの事。

指導者というよりは
指導者と選手の架け橋という
関係を想定しているようです。

■おわりに

金藤理絵は2011年に岐阜県に移住し、
2014年から現在も
ぎふ瑞穂スポーツガーデンの
職員として所属。

現役時代も国際大会の合間に
岐阜の子供たちに
泳ぎを指導していました。

そのため引退後も基本的には
大きく変わることはないよう。

金藤理絵は2016年9月13日に
岐阜県から県民栄誉大賞を
送られており良好な関係。

これからも金藤理絵は
岐阜県を中心に
活動をするようです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください