ヤクルト三輪正義が引退決意。結婚は2012年12月元幼稚園教諭と

ヤクルト三輪正義が引退決意を明らかに。
ヤクルト三輪正義は2018年7月に
独立リーグ出身者で初めてFA権を取得。

また、2012年12月に
元幼稚園教諭の嫁と結婚もしています。

今回はヤクルト三輪正義が
引退決意をしたこと、
2012年に嫁と結婚を
したことについてみてみましょう。


 

 

■ヤクルト三輪正義について

名前:三輪正義(みわ まさよし)
生年月日:1984年1月23日
出身:山口県下関市

三輪正義は高校卒業後に
山口産業に入社し軟式野球部へ。

三輪正義は2005年に
四国アイランドリーグの入団テストを受験。
香川オリーブガイナーズに入団し、
独立リーグで活躍。

2007年11月のドラフト会議で
ヤクルトから指名をされて
それ以降ヤクルト一筋。

また、2018年7月30日に
ヤクルト三輪正義は独立リーグ出身者として
初めて国内FA権を取得しました。

■ヤクルト三輪正義が嫁と結婚

ヤクルト三輪正義は2012年6月に
元幼稚園教諭、山本英里(えり)さんと
2012年12月に結婚をすることが
明らかになっています。

ヤクルト三輪正義と嫁が出会ったのは
2008年4月、知人の紹介で。
 

 

■ヤクルト三輪正義が引退決意

ヤクルト三輪正義が引退決意と
報じられたのは2019年9月17日のこと。
ヤクルト三輪正義は12年も
出来るとは思っておらず。

ヤクルト三輪正義は引退決意をし
今後は指導者への道を
希望しているとしています。

■おわりに

ヤクルト三輪正義は下関中中央工高を卒業。
そして山口産業に勤務をして
軟式野球部に所属をしていますが
その仕事のために乙四を取得。
月給11万円からのスタート。

また、独立リーグ出身者で初めて
FA権を取得した際には
ヤクルト三輪正義は以下のようにコメント。

「日本で最も意味のない
FA権じゃないですか?」

「四国アイランドリーグがなければ
プロにも入れていない」
「これでちょっとでも
(独立リーグで)頑張ろうと
思ってくれる人がいたら」

また、2018年12月4日に
ヤクルト三輪正義は契約更改交渉。
この時には150万円減額の
1350万円でサインをしたと言われています。

その際にヤクルト三輪正義は
「残り少ない野球人生」
という表現をしていて
この時点でヤクルト三輪正義は
引退決意をしていたのかもしれません。

もともとFA権を取るのが
ヤクルト三輪正義の目標。
それは後輩たちが
独立リーグでも頑張れるように、
という思いがあったようですし。



コメント

タイトルとURLをコピーしました