貴闘力は現在ギャンブル依存症は治ったと言うもたまにやると暴露

大のギャンブル好きの父親の影響で
幼少期はギャンブルが嫌いであった貴闘力
しかし琴富士に誘われて
ギャンブルをするようになり、
最終的にはギャンブル依存症に。

現在は貴闘力は
「ギャンブル依存症だった」
と過去形にしていますが
実はたまにしていると告白し
貴闘力のギャンブル依存症は
完治したかは実は微妙なところ。

今回は貴闘力のギャンブル依存症と
現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■貴闘力のギャンブル依存症

貴闘力の父親は渡世の世界で生きていた人。
そのために幼少期からギャンブルは身近。
とはいえ借金取りに追われて
引っ越しをするなど振り回され
ギャンブルは嫌いで父親のことは
むしろ反面教師にしていました。

角界に入った後は兄弟子と
麻雀などをすることはあったものの
厳しい修行もありお金も時間も無し。
そのため角界に入ってから暫くは
ギャンブル依存症とは無縁の生活。

そんな貴闘力が
ギャンブル依存症になったのは
十両昇進が決まった時のこと。

化粧まわしなどで400万円が入り用になり
知人に無理を言って借りたものの
お金が持ち逃げされて10万円しか残らず。
そうしてお金を得るために大井競馬場へ。

「なるようになれ」と
知らない馬に全額かけると大当たり。
ビギナーズラックで10万円が400万円になり
それから貴闘力はギャンブル依存症に。

毎日のようにお金を握りしめ
大井競馬場に通っていました。

ただし2016年の「しくじり先生」などでは
兄弟子から「馬券買ってこい」と言われ
お駄賃5000円が40万円に
なったとも語っており
どちらのエピソードが正しいのか不明。

ちなみに貴闘力がギャンブル依存症時代の
最大借金額は2億円。
1日に負けた最高額は
7、8000万円であるとしています。

そして貴闘力は2010年に発覚した
野球賭博問題で角界から永久追放。
 

【スポンサーリンク】

 

■現在もギャンブル依存症疑惑が

そんな貴闘力ですが
2018年11月28日に
「ナカイの窓」に出演。
この時に貴闘力が

ギャンブル依存症だった
話題になりますが
「今もたまにはやってる」
と暴露し話題に。

ちなみにその少し前、
2018年6月21日には
貴闘力は「ダウンタウンDX」に出演。
ギャンブル依存症だったこともあり
現在はどうしているか聞かれると
「違法なのはやってない」
などと明かしていました。

■現在はお店を経営

貴闘力は2010年の野球賭博問題に
関与をしたことで角界から永久追放。
しかしその2010年10月には
「焼肉本店ドラゴ」を開店。
命名者は弟弟子であった貴乃花。

ちなみにこのお店は成功をしていますが
2013年に税金支払、を滞納、
従業員への給金も滞っていました。
この時にギャンブル依存症の
チェックをするとすべての項目が合致。

■琴富士も働いていた

貴闘力は他にも焼肉店を経営。
そのうちの一つが「貴闘力」海浜幕張店。
実はここの店長であったのが琴富士。

琴富士も1992年に後輩から
競馬を勧められ、5000円をかけると
15万円に化けたという
ビギナーズラック体験の持ち主。
その結果ヒャンブル依存症になり
借金が1000万円以上に。

そして貴闘力の焼肉店で
店長をしていた2014年2月。
琴富士は偽装結婚をしたことで逮捕。

琴富士が偽装結婚をした理由は
子供の入学金が必要になったため。

ちなみに現在は発達障害児などにむけ
「すもう体操」を教える
相撲教室を開いています。
 

【スポンサーリンク】

 

■息子4人中3人は相撲界へ

また、貴闘力は野球賭博問題に関連し
貴闘力は嫁と離婚をしましたが
4人の息子は現在プロレスラーの長男以外
3人共相撲の道へ進んでいます。

2018年1月には
2017年の全国高校選抜大会を制覇した
三男の納谷幸之介が大嶽部屋へ。

そのように3男が相撲界に入ったので
次男と四男に話を聞くと
「悔しい」「絶対に負けたくない」
と話しておりプロ入りを明言。

2018年1月時点では次男は
中央大学相撲部。
四男は埼玉栄高校の相撲部所属。

■おわりに

貴闘力は弟弟子が
貴乃花であることもあり、
角界だけではなく貴乃花関連の話題で
コメントをしたりと
現在もテレビなどで良く見ます。

色々と大丈夫なの?と
言いたくなるくらいぶっちゃけて
しまっていますがホント
大丈夫なんでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください