藤原聡(髭男)が結婚の嫁は一般女性!18年にウェディングソングも用意!?

芸能

Official髭男dism(通称ヒゲダン)の藤原聡が結婚!嫁は一般女性であるとのことを明かしました。また、藤原聡本人も2018年に結婚について少しだけ触れてもいます。また、2018年にはウェディングソングについて少しだけ触れてもいました。

今回はそんな藤原聡が結婚した一般女性である嫁についてと2018年にウェディングソングも用意をしていたということについてみてみましょう。

藤原聡が嫁と結婚

出典:藤原聡インスタグラム

藤原聡が嫁との結婚を報告したのは2019年11月22日、いい夫婦の日の22時。藤原聡が結婚した嫁については現在判明している情報は以下のとおり。

  • 音楽をキッカケに出会った。
  • 藤原聡の人生にたくさんの色をくれた。
  • 藤原聡の音楽の可能性を信じ続けてくれた
  • 結婚したのは11月22日。
  • 嫁との結婚はヒゲダンを支えてくれるファンに自分の言葉で伝えたかった。

藤原聡は現在まで熱愛報道などはないために嫁についての情報も現在は殆ど出ていません。また、ヒゲダンの他の3人も藤原聡と嫁の結婚を祝福。

2018年にウェディングソングについてコメントも

Official髭男dismは2018年4月11日に初めてのフルアルバム「エスカパレード」を発売。この時に収録されていた最初の曲が「115万キロのフィルム」。ちなみに同日には1stシングル「ノーダウト」も発売されています。

Official髭男dism – 115万キロのフィルム[Official Audio]

この収録曲である「115万キロのフィルム」はラブソング。藤原聡にとって初めて歌詞から入った作品。なぜそのような作り方をしたかというと、前述の藤原聡のツイートのように最近は同級生、同年代が結婚をすることも多くなってきたのがきっかけ。

藤原聡が「この年代を切り取ったらどうなのか」という思いを映画に例えたというスタートの作品。115万キロというのは一生分のフィルムの長さ。

ヒゲダン小笹大輔も結婚を7月に

Official髭男dismは4人組ですがギターの小笹大輔も2019年7月30日には一般女性の嫁と結婚。小笹大輔の嫁も一般女性、そして音楽の道に進む時にも支えてくれた女性であるとしています。

藤原聡の結婚に対するネットの感想

藤原聡らOfficial髭男dismは2019年11月14日には初の紅白出場が発表されたばかり。Official髭男dismはバンドとして東京に来てから4年。

上京したときの大きな目標が「紅白に出られたらいいね」というものであったとのことで、その大目標を達成した一週間後に嫁との結婚とおめでたい事が重なっています。そんな藤原聡と嫁との結婚に関するネットの反応はこちら。

  • 紅白初出場が決まっていたところにダブルでおめでたいことですね!わくわくする音楽、こんなにハマったのは久しぶりです!
  • 丁寧で感じがいいですね。おめでとうございます。いろんな経験をして、すてきな音楽を聴かせてください!
  • 島根の英雄。おめでとう。
  • 今年の音楽シーンを象徴するようなグループで、これから更に人気が上がっていくであろうこのタイミングでの結婚発表は驚きましたが、これからの音楽制作にも良い影響を与えると思うし、これからも彼らの作り出す音楽を楽しみにしたい。
  • ノリになってる今、結婚、紅白出場とこれからが楽しみですね。支えがあるとさらに音楽に邁進できると思うのでこれからのヒゲダンに期待です。おめでとう。
  • おめでとうございます!耳に残る声と音楽です。無名のバンドマンと付き合うのは勇気がいると思ってるのでこれまで側にいた奥様はすごいと思います。幸せになってください

Official髭男dismは今年に結婚ラッシュが続くのでしょうか。しかしやはりいい夫婦の日だけあって壇蜜と清野とおる、安藤なつと一般男性とやはり結婚が普段より多い印象。しかし全員電撃婚ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました