李麗仙が脳梗塞で現在闘病!息子の大鶴義丹の嫁とは対立関係だった

芸能

画像出典:申大樹ツイッター

李麗仙が現在脳梗塞で闘病生活であることが明らかになりました。息子の大鶴義丹とは対立関係であることが明かされていましたが…。

今回は李麗仙が脳梗塞で現在も闘病を続けていること、息子である大鶴義丹の嫁とは嫁姑関係で対立をしているということについてみてみましょう。 

 

 

李麗仙が現在脳梗塞で闘病をしていた

大鶴義丹の母である李麗仙が脳梗塞で闘病をしていたことが明らかになったのは2019年10月19日の事。李麗仙は現在は入院をしてリハビリをしている事が明らかとなっています。

女優、李麗仙(77)が脳梗塞を患い、闘病していることが18日、分かった。複数の関係者の話を総合すると、東京都内にある病院併設の施設に入所し、治療・リハビリに励んでいる。

李は1995年にTBS系「3年B組金八先生」の第4シリーズで主人公の教師、坂本金八(武田鉄矢、70)と対立する中学校教頭を熱演。舞台、ドラマ、映画などで幅広く活躍し、個性的な演技で「アングラの女王」の異名を持つ。

私生活では67年に劇作家で俳優、唐十郎(79)と結婚して翌68年に長男で俳優、大鶴義丹(51)を出産したが、88年に離婚した。

脳梗塞を患った時期や治療内容など詳細は不明だが、2016年の映画「ホテルコパン」以降、出演作はなかった。

一方、唐十郎は12年に都内の自宅で転倒した際、外傷性脳内血腫および脳挫傷と診断され、緊急手術を受けた。階段の歩行や足腰を鍛える過酷なリハビリを家族らの献身的な看護で乗り越え、翌年に仕事復帰した。

その後は公の場に姿を見せる機会が限られたが、今月16日に自身が作・演出を務める舞台「ビニールの城」の座談会に参加。年齢を考慮して写真撮影のみの出席だったが、「座長の唐十郎です。この度はこうやってもらい、随分照れるもんで」と笑顔で語り、元気な姿を見せていた。

出典:サンスポ

李麗仙は最近は確かに表舞台にではいませんでしたがまさか2019年10月現在、脳梗塞で闘病をしていたのがその理由だったとは…。 

 

 

李麗仙と息子の大鶴義丹の関係

李麗仙は1967年に俳優の唐十郎と結婚をして1968年4月24日には息子の大鶴義丹出産。1988年には唐十郎と離婚が成立をしています。

李麗仙の実の息子である大鶴義丹は1994年にマルシアと結婚。娘も出産をしますが2004年に離婚。その後大鶴義丹は2012年に一般女性、幼馴染である泰子さんと結婚。大鶴義丹は結婚して母親と住むことを前提に豪邸を建てて同居。

幼馴染ということもあり嫁姑関係は比較的良好。しかし大鶴義丹の嫁は「夫の扱いが姑の法が良い」と密かな不満。そして嫁姑が喧嘩をして大鶴義丹はどちらにつくのかとドッキリをするとあっさり李麗仙についてしまった事が…。 

 

李麗仙の脳梗塞に関しての反応

李麗仙は現在はあまりテレビに出ておらず、基本的に舞台俳優なのでどちらかというと息子である大鶴義丹の方がテレビ的には有名。

大鶴義丹は有吉反省会にて湯江タケユキから絶好宣言をドッキリでされて二人共泣いたりして大きく話題に。…大鶴義丹は何かドッキリされやすいなにかがあるんでしょうか。そんな大鶴義丹の母親である李麗仙の脳梗塞に関する反応はこちら。

  • アングラに凄い女優がいると言われてたっけな
  • テレビで見てはないけど記憶には残ってる
  • 大鶴義丹の母親とは初めて知ったな
  • この記事はどういう意図なのかよくわからないな
  • 親子ジグザグの人ってイメージしかない
  • 大鶴義丹のオモニ。
  • まさに演技派女優、早く快復して欲しい

ちなみに李麗仙は息子の大鶴義丹と2014年4月3日放送の「アウトデラックス」にて共演をしています。李麗仙にはさすがに大鶴義丹も逆らえないようでタジタジだったことが印象深い。

■オススメ記事:神戸教員いじめの女帝・長谷川雅代と舎弟男3人の顔画像や実名が拡散されていて更に炎上

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました