伊原剛志の嫁・伊原純子は現在お好み焼き屋社長。生活費は渡さず

伊原剛志が結婚した嫁は
伊原純子であり、現在は
お好み焼き屋の社長となっています。

そんな伊原剛志ですが
嫁の伊原純子には生活費を18年間
渡したkとがないという。

今回は伊原剛志と
現在はお好み焼き屋の社長である
嫁、伊原純子について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■伊原剛志と元嫁

伊原剛志の元嫁は女優の相築あきこ。
1990年に結婚をして
二人の子供がうまれるも
2000年には離婚をしています。
離婚理由は性格の不一致であるとのこと。

■伊原剛志の現在の嫁は井原純子

名前:井原純子(いはら じゅんこ)
生年月日:1967年10月1日
出身:和歌山県

伊原剛志の現在の嫁は井原純子。
和歌山で保育士として勤務をしており
様々な仕事をしたあとに
女性起業家として活動。

その後に友人の紹介で
伊原剛志と出会い結婚。
伊原剛志は嫁の井原純子から
2回プロポーズをされたと明かしています。

伊原剛志からプロポーズを
しなかった理由は
一度結婚に失敗をしているため
結婚には向いてない
という思いがあったため。
 

【スポンサーリンク】

 

■伊原剛志がお好み焼き屋を経営

伊原剛志がお好み焼き屋を
始めたのは18歳のときの
思いがきっかけ。

伊原剛志が18歳で上京をした時、
東京で美味しいお好み焼きを
食べることが出来ず。

このときからいつかお金がたまったら
お好み焼き屋をやろうと決意。
そして29歳の時には
1800万円の貯金を使って
お好み焼き屋をすることに。

伊原剛志は地元の大阪に戻り
お好み焼き屋「一福」の店主夫婦に
味を教えてもらいます。
秘伝のタレだけは教えてもらえず
試行錯誤を2ヶ月繰り返し完成。

そして1992年3月には
伊原剛志のお好み焼き屋
「ぼちぼち」がオープン。
この好み焼き屋はのちに
「ごっつい」に名前が変わります。
 

【スポンサーリンク】

 

■嫁の井原純子が社長に

そうしておよそ2000年頃に
現在の嫁である井原純子が
お好み焼き屋「ごっつい」の社長に。

店のソースも既成品から
オリジナルの
「ごっつい特濃ソース」に変更。

その後も順調に業績を伸ばし
2018年10月には
築地銀だこのホットランドが
お好み焼き屋を買収するまでに
至っています。

お好み焼き屋「ごっつい」は
首都圏に直営の6店舗、
暖簾分けの8店舗の14店舗を展開。
2018年3月期の売上が
なんと4億4000万にものぼっています。

…ちなみに嫁が
お好み焼き屋の社長になったためか
伊原剛志は嫁の井原純子に
18年間生活費を渡していないとも
嫁から暴露されてしまっています。

■おわりに

伊原剛志がお好み焼き屋を始めたのは
実はもう一つ、お金のために
役者をしなくても
良いようにしたかったという思いが。

現在はお好み焼き屋も
ホットランドの小会社化しましたし
更に役者に専念が出来るということに…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください