井上小百合が卒業…膝の持病で休養も。山崎怜奈も知っていた?

井上小百合が卒業を発表しました。
井上小百合は膝の持病が
悪化して休業中でした。

膝の持病での休業発表とはいえ
井上小百合は主演舞台の取材などには
参加をしていたためまさかの卒業。

また、同じく乃木坂46で
乃木坂に入る前から親交のある
山崎怜奈が少し前に井上小百合の卒業を
(今見るとですが)仄めかしてもいました。

今回はそんな井上小百合の卒業発表と
膝の持病が悪化して
休業中であったことについて
見てみましょう。


 

 

■井上小百合はもともと病弱だった

井上小百合は実は体が弱く
入退院を繰り返していました。
井上小百合は2018年11月11日に
NHKらじらーを体調不良で途中退出。

翌日の2018年11月12日には
扁桃炎であることを報告。

井上小百合はその後
入院をしたことを明かし、
2018年11月20日頃まで
退院したことも明かしています。

そして「らじらー」を
2019年2月10日に
卒業をすることも発表。

■井上小百合が膝の持病悪化で休養

井上小百合は2019年7月1日に
真夏の全国ツアー2019を欠席。
理由は膝の持病の悪化のため。
井上小百は以前から膝の状態に
関しては明かしていました。

■2013年4月3日
膝を負傷して歩き方が
ヘロヘロになった。

■2014年10月8日
怪我の療養で公演を休止。
靭帯を痛めてしまって
両足を固定、舞台裏で針を打っていた。

そのように井上小百合は過去に
膝の持病などのことに関しては
ブログで明かしていました。
 

 

■卒業を発表

井上小百合は2019年10月5日に
乃木坂46から卒業をすることを発表。
井上小百合の卒業時期は2020年春を予定。

実は前述の膝の持病の悪化による休業は
卒業に向けてのものであったとのこと。

2019年春には井上小百合の
卒業が具体的になり、
今まではグループ活動に専念をしていた分
2019年は自分のことに専念したい、
という意味での前向きな卒業であると
井上小百合はブログで語っています。

■井上小百合の卒業を山崎怜奈は…

実は井上小百合は
同じく乃木坂46の山崎怜奈とは
発足前からの友人でした。

山崎怜奈は井上小百合がいなかったら
乃木坂に入っていなかった、
むしろ知ることすらなかったと断言。

山崎怜奈は2019年2月8日の
帯番組「のぎおび」にて
井上小百合への思いを告白。
その時に以下のようなメッセージが。

「これからもよろしくお願いします」
「さゆと私はつかず離れずの
ちょうど良い塩梅の関係で、
乃木坂を離れて大人になって、
結婚したり子供を産んだり、
それぞれの人生を歩むようになっても
付き合っていきたい友だちだなって」

このように山崎怜奈は
井上小百合が「乃木坂を離れて」
などと卒業についても言及。

時期的にも山崎怜奈は
井上小百合の卒業について
相談などを受けていたのかもしれません。
 

 

■おわりに

井上小百合は卒業が2020年春。
2020年春のミュージカル、
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」では
井上小百合は乃木坂46として出演予定。

また、2019年9月29日には
井上小百合の主演舞台「フラガール」
(初日は10月18日)の取材に出席。

その時に稽古シーンを披露もしているので
膝の持病の悪化もある程度は
抑えられているのかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました