伊藤耕(FOOLS)の逮捕理由は薬の所持での逆転有罪だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ロックバンドTHE FOOLSボーカルの
伊藤耕が逮捕をされて
そして服役中の北海道の月形刑務所で
なくなっていたことが判明しました。

伊藤耕は度々逮捕がありましたが…
今回は伊藤耕の逮捕理由について見てみましょう


 

【スポンサーリンク】

 

■伊藤耕の逮捕について

伊藤耕の逮捕歴については
公式に発表があるものは以下の通り。

1986~1989年:期間は不明なものの逮捕。
1995~2006年:同上。
2009年:逮捕
2013年:逮捕(詳細は後述)

2013年の逮捕の件で現在まで
伊藤耕は服役中であり、
最後の逮捕となってしまいました。

■FOOLS伊藤耕の最後の逮捕

FOOLS伊藤耕の最後の逮捕については
2009年の逮捕から考えなければいけません。

2009年10月末に伊藤耕は逮捕され、
懲役まで計三年近く費やすことに。
この逮捕で伊藤耕が出所をしたのは2013年1月。

しかし2013年9月末に伊藤耕は
再逮捕をされてしまいます。
この伊藤耕の逮捕は在宅起訴であり、
しばらくは活動を普通に行っています。

そしてこの逮捕での2014年7月の
一審では無罪判決が。
何故この逮捕が無罪に
なったかというと以下の通り。

伊藤耕は東京都内の路上で
職務質問を受けたが
所持品を見せることを拒否。
そのため捜索差し押さえ令状に基いて
強制捜査を受けた。

しかし令状を請求する際に
提出する捜査報告書の
「警察官が『覚○剤』という言葉を出すと明らかに興奮した」
という記述について現場にいた警察官が
この事実関係を否定。

薬の所持を伺わせる事情がないのに
令状を請求し、約3時間40分の間
現場に男性を留め置いたとして
捜査報告に虚偽があり
違法であるため無罪判決。

しかし2015年3月末には伊藤耕は二審で
一審では無罪判決だったものの
有罪判決になり、懲役2年10ヶ月に。

最高裁へ上告するも2015年6月に棄却。
出頭日通達が2015年9月などであったために
その期間に思う存分ライブをしていました。

 

【スポンサーリンク】

 

■伊藤耕がなくなったのは出所直前だった

伊藤耕がなくなったのは2017年10月16日の
服役中の月形刑務所内。
なくなった理由は今のところ
報告まちであるとの事。

伊藤耕の出所は40日後であり、
FOOLSのドキュメンタリー映画の
公開も間近でした。

■おわりに

THE FOOLSは伊藤耕の逮捕以外にも
様々な受難がありました。

ギタリスト、川田良は2013年11月に
エコノミー症候群から
の血栓症でベルリンで緊急入院。
更には川田良の持病の肝臓も悪化して
2014年1月29日にはなくなってしまいます。

この時に伊藤耕は逮捕をされていて
川田良もなくなってFOOLSにとって
まさに受難の時。

とはいえ2014年7月には前述のように
一審で無罪判決が出たので
大手を振って伊藤耕も
活動再開出来てはいますけども。

FOOLSは川田良の遺志を継いで
現在4人で活動をし、
2017年11月に出所予定であった
伊藤耕との合流が目前であったのですが…。
FOOLSの今後が気になる所。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA