白いリスが帯広畜産大で発見されるも一部のカメラマンに批判が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北海道の帯広畜産大の構内に生息している、
珍しいアルビノと思われる白いエゾリス

2017年9月頃から大学構内で目撃をされましたが
白いリスの話題が広まってしまい
外部から白いリスを撮影するために
マナー違反や学生に迷惑をかけてしまうケースが見られているとのこと。

今回は白いリスが帯広畜産大で発見され
その結果どうなったかについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■白いリスが帯広畜産大で発見された結果

#whitesquirrel #thismorning I’ve never seen one before! She/he knew how to #pose #palmbeachvintage #antiquerowwpb

A post shared by Palm beach Vintage (@palmbeachvintage) on

*上記の白いリスの画像は帯広のものではない。

白いリスは帯広畜産大に
2017年9月頃から目撃をされ、
写真愛好家が外部からよく訪れているとのこと。

一部の写真愛好家は白いリスを
どうにか撮影しようと
以下のような行為をしているとのこと。

木の上にいるリスを市を投げて
追い出そうとする。
餌付けを試みる。

帯広畜産大の学生に驚いて
リスが逃げたと因縁をつける。
帯広畜産大の構内で巨大な
望遠レンズを構え続ける。

そのような行為があったために
帯広畜産大は構内に訪れる
白いリス目当てで過激な行動を撮る
写真愛好家に対して

静かに見守って物を投げつけないように、
撮影する際には他の通行人の
邪魔にならないように等と
注意を促すポスターを掲示。
 

【スポンサーリンク】

 

■白いリスについて

白いリスはアイヌの伝説にも出てくる動物。
人目に出てくる事は稀であり、
そもそも体毛が白いために天敵に見つかりやすく
生存率も低いとされています。

また、2005年には道民の森で
白いリスの撮影に成功したことが新聞にも乗り
白いリスの写真も掲載されました。

しかし撮影場所については希少動物保護のために
あえて本当の撮影場所とは別の場所を
掲載している可能性が高いともされています。

また、白いリスの動画は
国内外にも存在しています。
こちらは2009年4月に
投稿された白いエゾリスの動画。
NHKでもニュースとなり放送をされたようです。

こちらは海外の動画。
およそ2年前に公開されたもの。
こちらの白いリスはアルビノではなく白変種。

アルビノですとメラニンが全く生成されないため
目の色は赤になりますが

白変種は体毛のメラニンだけが
生成されないため、
体毛は白でありながら目は黒。

イギリスにいる500万匹のリスのうち
たった5匹しか存在しないリスとのこと。

■おわりに

このような騒ぎになり
帯広畜産大の学生だけでなく
白いリス自身にも迷惑がかかってしまうと

希少生物の生息場所は
正確には明かさないというのは
確かに必要なのかもしれません。

ちなみに白いエゾリスにこだわること無く
白いリスを見たい場合は
インスタで「#whitesquirrel」と検索すると
白いリスを見ることができるのでオススメ。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA