桂三金がなくなる。結婚した嫁は雅子夫人でブログ更新したばかり

芸能

桂三金が2019年11月9日になくなった事が明らかに。桂三金は前日の8日には舞台に出演をしており、9日の午前中にブログを更新していました。そのため桂三金がなくなったのは本当に急なこと。

また、桂三金は2013年に結婚をしたことをその後ブログにて報告。嫁は雅子夫人でもともと桂三金のファンであったとのこと。今回は桂三金のプロフィールや嫁と結婚をしたこと、現在は突然なくなってしまったことについてみてみましょう。 

桂三金のプロフィール

出典:桂三金ツイッター

名前桂三金(かつら さんきん)
本名奥野武志(おくの たけし)
生年月日1971年1月6日
出身大阪府東大阪市

桂三金は明星中学、明星高校から関西大学に進学。中学時代からずっと落語研究会に所属をしており若い頃から落語ファン(関西大学では落語大学)。大学卒業後は八光信用金庫に入庫をして、業務の一環としても落語に携わるほど落語一筋。

そのようなこともあり桂三金は落語家への夢を捨てきれずに1994年に桂三枝に入門。桂三金の芸名である「三金」は金融機関由来。桂三金は120kgを超える巨漢であるため、体重を活かした創作落語などを用いています。また、2013年には母校である関西大学人間健康学部の非常勤講師として「ユーモアコミュニケーション論」などで勤務。

実際に2019年にも関西大学校友会、社会保険労務士関大会などでも「笑いは心のゆとりから」というテーマで講演をしています。2019年からは甲南女子大学日本語の本文学科の非常勤講師にも。また、桂三金の受賞歴は以下の通りとなります。

2003年第41回なにわ芸術祭 新人賞
2008年第3回繁昌亭大賞 創作賞
2000年、2005年NHK新人演芸大賞 優秀新人賞

ちなみに桂三金は上方落語界で最重量、120キロですが酒は飲まずタバコも吸わず。「残すのがもったいない」ということでただひたすら食べるだけ。桂三枝は色々なものを少しずつ食べるタイプなので残ったものを全部食べているなどと語ったことも。

桂三金が突如としてなくなる

桂三金がなくなった事を明かしたのは同期である桂米紫。2019年11月10日にツイッターとブログにて「同期の三金くんが昨日なくなった」と報告。ただしブログは現在削除済み。

桂米紫によるとなくなったのは2019年11月9日21時30分ごろ。8日まで一緒の仕事をして楽屋で馬鹿話をしていたということも明かしています。朝に倒れてそのまま病院に運ばれて帰らぬ人に。

桂三金は2019年11月4日(月・祝)から10日(日)に天満天神繁昌亭で行われた、「落語家25周年記念ウィーク」に出演。桂三金は初日には「読書の時間」(桂三枝が作ったもの)を披露。また、二日目は桂三金がトリ。そして桂三金は2019年11月9日の午前3時頃にはブログを更新。この日になくなったということに…。

また、師匠である桂三枝は10日の正午近くにブログを更新。桂三金がなくなったことには触れていませんが以下のようなコメントをしています。

「昨日は大変な日でした」
「わたしの人生の中でも初めての出来事でした」
「落ち着かなければいけないのと」
「慌てふためいたのと」

桂三金がなくなったのは脳幹出血のためであるとのこと。「落語家25周年記念ウィーク」の千秋楽である10日には共演者が観客に桂三金がなくなった事を説明もしていたとのこと。

追記おわり

桂三金は嫁と2013年に結婚

桂三金が嫁の雅子夫人と結婚したのは2013年10月。ただし結婚を報告したのは2014年4月17日。報告前日の16日に大阪天満宮で結婚式を挙げたために報告をしたとのこと。2015年10月14日に「結婚2周年」というタイトルでブログを更新しているので結婚記念日は2013年10月14日と見られています。

また、桂三金が結婚した雅子夫人との出会いは元々はファンであったことを告白。親切にしてくれるために桂三金は自分に気があると思い込み、その結果結婚をしたということを2019年8月19日放送の「痛快!明石家電視台」にて語っていたばかりでした。

この時の放送テーマは「実際どうなん!?落語家夫妻」という「衝撃的な出会いで結ばれた」7組の落語家夫婦が出演をしていました。また、桂三金はインスタにて食べ物の画像がとても多い。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桂 三金(@sankinkatsura)がシェアした投稿

桂三金は100キロ超の巨体ですので健康面で心配がされていますが、このようないかにも健康には悪そうなものに関しては「嫁公認」などと語られています。ただし嫁がストップするものもあるようで。下記画像の際には「ごっつぁんナポリタンは嫁に止められました」などとコメント。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桂 三金(@sankinkatsura)がシェアした投稿

また、桂三金は結婚をしてから嫁との生まれ育った環境が違うこともあり、そのことに戸惑う桂三金と嫁の互いの愚痴を創作落語にした「温度差」なども披露し、巨漢ネタ以外にも芸が広がっていました。

桂三金がなくなったことに対するネットの反応

桂三金は2014年5月26日に、毎月第3金曜日を「三金の日」にするということを大阪市内で会見。あくまでも2014年6月から2015年4月までの期間限定(8月、10月を除く)ですが、その「三金の日」は落語会。大阪市福島区の八聖亭で落語会をするというイベント。そんな桂三金がなくなった事に関するネットの反応は以下の通り。

  • 人間でいちばん大切なのは健康だな。
  • 太り過ぎだと突然なくなることは多いね。
  • 寒暖差も影響したのかな…。
  • 季節の変わり目は特に危険。サマータイムもだから否定的だわ。
  • 肥満が最大の原因なのは明らかで残念。
  • もっと健康に気を使っていればよかったのに。
  • やっぱり太ってると体に負担がかかるんだろうね。
  • 突然のことだし心筋梗塞か脳梗塞の可能性は高いけど大丈夫かな
  • 野性爆弾のくっきーも危ないんじゃなかった?

桂三金はデビュー当時は120キロと言われていましたが最近は100キロ超という表記が多かった印象。嫁と結婚して少しずつ痩せてきてはいたのでしょうか…。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました