水無昭善がトラブルで破門し現在は…。「逃走中」の行為で炎上も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オネエ言葉のお坊さんとして
注目を浴びて一時期はメディアに
よく登場をしていた水無昭善

なんと水無昭善があるトラブルで
破門をしていたことが明らかに。
水無昭善は過去に
フジテレビの人気バラエティ
「逃走中」の行為で炎上をしたことも…。

今回はそんな水無昭善が
現在トラブルで破門をされたこと、
逃走中で水無昭善が
どのような行為をしたかについて、
そして水無昭善の現在について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■水無昭善について

名前:水無昭善(みずなし しょうぜん)
本名:非公開
生年月日:非公開
出身:岩手県久慈市

水無昭善は15歳の時に修業に入り、
真言宗の総本山で修行を修了。
2007年から岩手の祥炎山不動院住職に。

2009年10月にフジテレビの
「笑っていいとも」で
「オネエすぎるお坊さん」として
水無昭善が登場。

ちなみに水無昭善が
積極的に出演をしたわけではなく、
知り合いの坊さんに
スタジオアルタに連れて行かれたと
自主的ではなかったよう。

ちなみに水無昭善の内面が男なのか
女なのかについては
以下のように語っています。

「気づいたらこうなってた」
「どっちが好きとかはないの」
「私は男も女も同じように愛するの」
「悩みを抱える衆生に
男女の別はないでしょ」

また、2010年8月9日には
「つらい時は
『やってらんな~い』て
叫べばいいのよ」という本を出版。

また、2016年にはYoutubeにて
水無昭善と小池龍之介が
なんと全34回にもおける対談を投稿。

 

【スポンサーリンク】

 

■水無昭善のトラブル

水無昭善のトラブルについては
2012年7月発売の週刊女性に
記事が出ていました。

水無昭善のトラブルというのは
「グレーな経歴と相談内容に疑問の声」
といった内容の記事。

ただし水無昭善はこれについて
2012年7月27日にブログにて
マネージャーが以下のように反論。

■「祥炎山不動院」は実在する。
■水無昭善の実家に壇を備えて
お寺にしたもの。
初代僧侶となったためそのような形。

■「阿闍梨」「高僧」といった経歴は
あくまでも最初の際に
出版社が帯に入れたもので
新人である水無昭善は
任せるしかできなかった。

■阿闍梨であることは事実であり
出版社に帯の変更をお願いしており
出版社の了承も取れている

■相談料の不満などについては
実際にお金を支払う一の判断次第で
料金はHPに明記している。

水無昭善はこのトラブルの後に
表舞台から消えており、
2013年8月のブログを更新し
しばらく更新が停止されていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■水無昭善がトラブルで破門されていた

水無昭善は2013年8月に
「出没!アド街ック天国」に
出演をすることをブログで報告。

しかしそれ以降は1年以上も
ブログの更新を停止。
2015年2月12日には
水無昭善はブログを再開。
実は現在まで破門されていたことを
明らかに。

水無昭善によると2013年夏以降、
水無昭善はある人物から
匿名で出版社などに誹謗中傷行為を行われ
販売中止を求められていたり、

事実無根のチラシを配布される、
講演会に中止要請の電話をかけられるなど
行き過ぎたトラブルがあったことを告白。

さらにはその人物が2014年春に
水無昭善が
「高野山を破門された坊主」
とも訴える事態に。

しかし水無昭善はそもそもの原因が
その人物のトラブルであり、
破門の件は行き違いと
誤解の結果であったことが確認。

そのため現在は破門はとかれ
復籍の手続きをして
師弟関係は回復した事を明らかにしました。
 

【スポンサーリンク】

 

■水無昭善と逃走中

水無昭善は2011年4月10日放送の
フジテレビの
人気番組「逃走中」に初出演。

逃走中とはハンターと呼ばれる人物から
芸能人らが逃げ回る大規模な鬼ごっこ。

経過時間ごとに賞金が加算されていき、
最期まで生き残った人には
賞金があるというシステム。

この時に水無昭善は
以下のギミックを躊躇なく作動。

「レバーを1台下ろすと
賞金が1秒ごとに100円追加」
「ただしハンターが増える」

また、「自首」というシステムが有り
自首をするとその時点での
賞金が手に入ります。

水無昭善は自首をしようとしたものの
途中でハンターに見つかり確保。

「ハンターを追加する
ギミックを躊躇せず作動」
「自首をしようとした」
という二点でプチ炎上をしてしまいました。

■おわりに

水無昭善のトラブルの結果破門というのは
トラブルの原因である人物が
ひっかきまわしたことが
理由であると考えると
水無昭善に非は全くありません。

ブログでこのようなトラブルがある、と
更新を停止する前に言ったほうが
ファンとしては安心したのではとは
個人的には思いますが結果論ですし。

また、「逃走中」についても
ギミックとして用意されたものを
使うと炎上するというのは
ちょっとわからない。

番組側としても
せっかく作ったギミックを
一切使ってくれなかったら

きっと悲しいですし
単純に盛り上がらないと
個人的には思います。

そういう意味では逃走中はどうしても
泥をかぶる人というか
ヒールが必要なシステム。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください