室井滋が夫・長谷川和彦と事実婚を現在も続ける理由は姓のこだわり

女優として活躍をしている室井滋
現在も夫・長谷川和彦とは
事実婚を30年以上続けています。
その事実婚理由は姓のこだわり。

今回は室井滋が夫、
長谷川和彦と事実婚を
現在も続けている理由について
みてみましょう。


 

 

■室井滋について

名前:室井滋(むろい しげる)
生年月日:1958年10月22日
出身:富山県滑川市

室井滋は1981年に映画
「風の歌を聴け」でデビュー。
その後も様々な映画で映画賞を受賞。
現在は著書も多く、絵本作家としても活動。

■夫・長谷川和彦とは事実婚

そして室井滋は1988年には
当時結婚をしていた長谷川和彦と同棲報道。
その後1992年に長谷川和彦は嫁と離婚。
2003年12月には都内に豪邸を建て
現在も同居をしています。

室井滋が現在も30年以上
夫・長谷川和彦と事実婚を続けている理由は
「室井」という姓が変わるのが嫌だったため。
室井滋は夫の長谷川和彦と結婚せず
事実婚であった理由については
更に以下のように語っています。

「名前も含めて結婚することに
リアリティーがもてなかった」
「父は大学生の時になくなって
室井の名を継ぐのは私だけでしたから」

また、それだけではなく
室井滋は小学生高学年の時に両親が離婚。

迷った挙げ句に父親(と祖母)に
ついていっていたので
人一倍室井という名前には
こだわりが強いようです。

ただし室井滋は夫の長谷川和彦と
事実婚というつもりも
あまりないとしています。
 

 

■おわりに

室井滋と言えば都市伝説、
「偽の警察官」。
タイトルでネタバレしていますが
大まかに言うと以下の内容の都市伝説。

ある女性が帰り道に走り去る男を目撃。
自宅の近くで事件があることを知り、
同日に警察官がやって来て
情報提供を呼びかけます。

女性は面倒なこともあり
「何も知らないです」と返答。
後日犯人が捕まったことをニュースで知ると
自宅に聞き込みに来ていた
警察官その人だったというもの。

この都市伝説は細部は
話者によって違うものの
大枠は大体上記の通り。

この都市伝説は室井滋が
怪談として語ったことではありますが、
「室井滋が話した怪談」を
どこかで尾ひれが付き「室井滋の実体験」

として今田耕司が知り、
それを松本人志が話したために
「室井滋の実体験」と変化。
伝言ゲームは怖い。

それを考えると室井滋の夫との事実婚理由も
実は今表に出ているものとは
全く違う理由が隠されているのかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました