中川家の神対応が凄い。キンコン西野の対応と比較をされていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中川家がステージ上で見せた赤ちゃんへの神対応。
この事で以前ほぼ真逆の意見をツイッターで語ったことのある
キンコン西野との対応の違いについて一時期話題に。

今回はそんな中川家の神対応と
キンコン西野の対応について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■中川家の神対応について

中川家の神対応について話題となったのは
2017年2月1日のこと。

中川家のステージを見に行ったユーザーが
前方の客席で赤ちゃんがナイていて
泣きやまないため退出をしようとした所、

中川家の弟、礼二が赤ちゃんは泣くのが仕事だと言って
出ていかないで良いとし、
ステージの上に呼んで抱っこし、

兄の剛が動物の鳴きマネをして
赤ちゃんを泣き止ませたという。

そうして赤ちゃんの泣き声を
笑いに変えた中川家の対応を神対応だとしたことが
ネットニュースになり大きく話題に。

■同様の対応

また、橋下徹が2015年2月22日に講演をしていた時に
赤ちゃんが泣き出してしまい、
退出しようとした時に以下のように発言をしています。

「あ、お母さん、大丈夫ですよ。赤ちゃんいても。
うちも7人も子供いて、いつもそんな状態ですから。」

そうして会場は笑いと共に
拍手に包まれ温かい雰囲気に。
 

【スポンサーリンク】

 

■キンコン西野の対応

その一方で、キンコン西野は
2015年2月に以下のようにツイートをしています。

とはいえキンコン西野の他のツイートを見ると
さすがに状況は前述のケースとは違うようですけれど。

ちなみに2017年4月には
キンコン西野は自らのブログで
中川家の神対応と自分の対応とが
比較されたことについて意識したのか

泣いた赤ちゃんを笑いに変えるのは芸人全員が出来るけど
赤ちゃんを笑いに変える瞬間を見たくて
お客さんはきているわけではない、としています。

■おわりに

個人的には中川家の神対応も、
キンコン西野の対応もどちらも
間違ってはないと思うんですよね。

会場の雰囲気でどのような対応を
取るのがベストか変わるわけですし。

双方思いやるのが一番なわけで、
そのバランスが人によって違うのは仕方ない。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA