滝沢沙織の実家は寿司屋をしていて現在は農業に夢中になっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実家が寿司屋であり、小さい頃から食への
関心が強かったために現在は
農業にも力を入れている滝沢沙織

今回はそんな滝沢沙織についてと
実家について、そして農業について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■滝沢沙織について

名前:滝沢沙織(たきざわ さおり)
生年月日:1981年7月7日
出身:長野県中野市

滝沢沙織が芸能界に
デビューをしたのは高校生の時。
中学3年生の時に母ががんでなくなっていますが

母とおしゃべり程度で
モデルになったら洋服がもらえて嬉しいなどと
話していた事をふと思い出し
中学3年生の冬にモデル・プロダクションに応募して契約。

芸能界はいつどうなるかわからない世界のため
上京せずに長野の高校に進学し、長野県と東京を往復。
1998年の高校在学中にユニチカ水着キャンペーンガールとなり
2000年にはミス・ユニバース・ジャパンの第三位に。

2002年からは女優として活動をして
ドラマなどに多く出演をしました。

■滝沢沙織の実家

滝沢沙織の実家については
2010年の滝沢沙織自身のブログや
2015年の週刊新潮の記事で書いているとおり寿司屋。
一部では仕出し弁当屋とも言われていますが

こちらは2016年3月のインタビューで
帰省の頻度の質問をされたところ、
滝沢沙織が以下のように答えています。

「実家では仕出し屋さんをしているので父のお手伝いをしたり
地元の友だちに会ったりとかのんびりと過ごしています」

当初は寿司屋であったものの
現在は仕出しにも手を広げた、
という事なのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■滝沢沙織と農業

滝沢沙織は実家が寿司屋であったこともあり
親の手伝いをしながら生野菜や
漬物などをつまみ食いしているほどで
高校受験の時は農業高校に見学をするほど。

日々農業をしたいと考えていた滝沢沙織ですが
父にその話をした所
2009年、27歳の誕生日に

誕生日プレゼントとして
プランター栽培のセットを送ってくれたものの
苗が根詰まりをして失敗。

そしてその後に地元である長野の友人の家に遊びに行った時に
畑から玉ねぎを取ってきてほしいと言われ

玉ねぎと下仁田ネギを間違えて引っこ抜いてしまい
農業が好きと自認していたのに
玉ねぎのできる過程を知らないことがショックで
逆に農業に強い興味を持つことに。

そうしてその事を周りの人に話すと
知人がから7畳ほどの畑を貸してもらえることに。
そうして今では3つの畑を耕作し

芸能関係の友人や
主婦の友人達と一緒に耕して
コミュニケーションをとっているという。

■おわりに

滝沢沙織は農業をしていることで
2013年からNHKの「晴れ、ときどきファーム」で
畑担当として活躍をしています。

何か強いこだわりがあると
仕事にも良い影響を与えられるというのがよくわかります。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA