サヘル・ローズは重信房子の娘と同日にコラムも。ペルシャ絨毯の経験で…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イラン出身のタレント、
女優であるサヘル・ローズ

ペルシャ絨毯の織り子として
勤務経験もあるサヘル・ローズは
現在NHK「探偵バクモン」や
「ノンストップいいものプレミアム」
などにレギュラー出演をしています。

そんなサヘル・ローズですが
実は重信房子の娘と同日に新聞で
コラムを書いていたりします。

今回はそんなサヘル・ローズが
ペルシャ絨毯きっかけで
デビューをしたこと、

重信房子の娘と同日に
コラムが書かれた事
などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■サヘル・ローズについて

名前:サヘル・ローズ
ラテン表記:Sahel Rosa
生年月日:1985年10月21日
出身:イラン

サヘル・ローズは生い立ちが壮絶。
1989年にイラン・イラク戦争に
巻き込まれ家が全壊。
13人家族でしたが
生き残ったのは末っ子であるサヘル・ローズ。

その後サヘル・ローズは
孤児院に保護され、7歳になった時に
育ての母であるフローラさんに
引き取られます。

その後サヘル・ローズは8歳であった
1993年に母親とともに来日。
そして1997年にペルシャ絨毯で
ある意味転機が。

■ペルシャ絨毯の織り子の思い出

サヘル・ローズの母親が本来は
ペルシャ絨毯展示会の
織り子実演をする予定でしたが
ダブルブッキングしてしまい
サヘル・ローズが急遽代役へ。

サヘル・ローズはペルシャ絨毯の
織り子はしたことがなく
数日ペルシャ絨毯の折り方を習い
単身実演をしに。

しかしペルシャ絨毯の
展示会の会場の隣はおもちゃ売り場。
サヘル・ローズは魅力に勝てず
昼休みは民族衣装のまま入り浸ってしまい
派遣会社から苦情が入ってしまったという。

この時にサヘル・ローズは母親から
仕事に対する責任感や
お金を得ることの大切さを
説明されて理解。

そしてサヘル・ローズは
手伝いたい気持ちと学校での
イジメから逃れたい思い出
ペルシャ絨毯織り子の仕事を優先。

タレントの仕事をしてからも続けて
24歳くらいまでしていたと明かしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■重信房子の娘と同日にコラム

重信房子は日本赤軍の元最高幹部。
そんな重信房子の娘、重信メイは
父親がパレスチナ人でジャーナリスト。

日本政府とイスラエルから
追われていたため
重信房子の娘であるという事は
伏せて生活していたことを
明かしています。

そして生まれてから
28年間無国籍でしたが
2001年に日本国籍を
取得したことを明らかにしています。

そのような生い立ちであったために
重信メイは2017年8月21日に
毎日新聞朝刊の「おとなのしんぶん」にて
「わたしの生き方 母とは違う形で」
という記事を投稿。

サヘル・ローズはこの
「おんなのしんぶん」にて
複数回記事を投稿しており
2017年8月21日にも
「瞳に映る風景 笑わなくてもいい」
という記事を投稿。

ともに中東出身で
同日にコラムを投稿したことで
サヘル・ローズと重信メイの生い立ちが
混ざってしまった人もいるよう。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

サヘル・ローズは
ペルシャ絨毯の時の経験で
仕事に対する責任感などを
理解したこともあり

ペルシャ絨毯には比較的最近も
関わっています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください