長与千種がカミングアウト。クラッシュギャルズ解散の真相を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女子プロレスラーの長与千種に
暴行を加えたとして男が逮捕されました。
長与千種は喧嘩の仲裁をして
暴行されたという経緯。

男には怪我があるという情報はないため
長与千種は相手に怪我をさせないように
手を出さなかったと見られます。

今回はそんな長与千種が
喧嘩の仲裁をした事と
クラッシュギャルズ解散の真相を
語ったことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■長与千種が喧嘩の仲裁

長与千種は2018年11月19日の
午前3:10頃に札幌市中央区の
立体駐車場にて男に髪の毛を
つかんで倒されそうに。

なぜ長与千種がこのような
状態になったかというと
男とその嫁が喧嘩をしており
男は嫁に馬乗り。

嫁は「助けて」と悲鳴をあげ
それを聞きつけた長与千種が
駆けつけて仲裁に。
しかし男が激昂をして
長与千種の髪を掴んだという。

男は容疑を認めており
長与千種は左手の小指に
怪我をしたと報じられています。

■長与千種の引退

長与千種はライオネス飛鳥と共に
「クラッシュギャルズ」を
1984年8月に結成。
しかし1989年に突如
引退を発表しています。

長与千種はこの理由について
1989年になると露骨に肩たたきをされ
「さよならクラッシュ」という
シリーズを半年ほど組んで
日本全国でお金を稼ごうという
狙いが有ると思ったため、

1989年2月に
「好きな人ができたので結婚する」
とあえて嘘をいって引退を申し入れ、
1989年5月に引退。

クラッシュギャルズの相方
ライオネス飛鳥も
1989年8月に引退をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■解散真相をカミングアウト

長与千種とライオネス飛鳥の
クラッシュギャルズ解散の真相は
長与千種とライオネス飛鳥ら本人が
2014年11月28日放送の
「爆報ザ・フライデー」にて
カミングアウトしています。

当初はライオネス飛鳥にとって
長与千種は妹のような存在であったものの
長与千種が次第に中心になり
ライオネス飛鳥は嫉妬をするように。

そしてライオネス飛鳥は
芸能活動に嫌気が差し
長与千種が決めたコスチュームも
勝手に変更。

そしてライオネス飛鳥は
芸能活動の停止宣言をすると
長与千種もその報復で引退発表。

しかしこれは正確に言うと
会社が解散試合を企画し
それをすると「クラッシュギャルズ」は
完全に消滅してしまうと考え
「1人で引退して解散を阻止しよう」
という考えもあったとのこと。

そしてクラッシュギャルズは
事実上の解散となったと
カミングアウトをしました。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

長与千種とライオネス飛鳥は
現在は前述の番組で
言いたいことをすべて言ったために
和解をしています。

ちなみに長与千種も
ライオネス飛鳥も現在共に独身。
将来どちらも結婚しなかったのなら
楽園でも作ろうと発言。

この発言もある意味
カミングアウトと
取られてしまっていたりも…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください