斉藤こず恵の体重の増減が凄い。甲状腺がんの原因は過剰なダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

坂上忍や杉田かおると
同期の元子役・斉藤こず恵
子役時代とは全く体重が違っており

過剰なダイエットの結果
甲状腺がんになった過去も…。

今回はそんな斉藤こず恵の体重の
増減についてと
甲状腺がんなど現在までの
病歴についてもみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■斉藤こず恵について

名前:斉藤こず恵(さいとう こずえ)
生年月日:1967年9月30日
出身:東京都

斉藤こず恵は1971年、3歳の頃に
劇団若草に入団して子役として
活動をしており
同期は坂上忍や杉田かおるなど。

1974年のNHKの朝ドラ『鳩子の海』で
主人公の少女時代を演じ注目され
1076年にはシングル
「山口さんちのツトム君」で大ヒット。

中学生に上がった頃に芸能活動を休止し
高校卒業後にはニューヨーク州立大学へ
留学をして1996年には
アメリカ人の実業家と結婚をするも
2001年に離婚をしてしまいます。
 

【スポンサーリンク】

 

■斉藤こず恵の体重の増減

斉藤こず恵が子役を卒業した理由は
役作りのために体重を
落とさなければならかったり
多忙から来るストレスで
十二指腸潰瘍になったため。

そうして単身アメリカへ留学すると
肉中心の生活となりここでも体重が増加。

斉藤こず恵は2000年には
父の容態が悪化し、妹も
妊娠中毒症で入院したため一時帰国。

一時帰国した斉藤こず恵には
芸能関係の仕事が舞い込んできたり
飲みに誘われたりして一ヶ月で
30キロ近くも太ってしまい
そのときの体重が97キロだとしています。

2001年にはテレビ番組のダイエット企画で
体重を40キロ台まで落としたものの
2006年には65キロにまで体重が増加。

2014年1月には84.5キロで
ミューティーコロシアムの
公開ダイエット企画で
3ヶ月で69.6キロにまで減らしています。

2015年12月には斉藤こず恵は
自分のブログにて
体重を75.3キロであることを明かしており
なかなか増減が凄い事に。
 

【スポンサーリンク】

 

■斉藤こず恵の甲状腺がん

そんな斉藤こず恵は実は2004年に
甲状腺がんであることが発覚しています。

斉藤こず恵はその頃には一年半で
57キロの減量をしたばかり。

海藻やきのこを利用したダイエットであり
特定の食材だけ過剰摂取をして
栄養バランスが偏りすぎたことが
原因ではないかと語っています。

元々父が胃がんで、異母兄弟である兄も
甲状腺がんを患っていたことがあったため
思い当たる節はあったという。

幸い早期発見であったので
レーザー治療と抗がん剤と
ホルモン薬による治療を受け
順調に回復して現在では舞台などにも復帰し
活動を行っています。

■おわりに

斉藤こず恵は現在も
体重はかなりあるほうですが
過剰なダイエットをして
また甲状腺がんの再発や
他の病気になるのも怖いですし

ダイエットをするにしても
ゆるやかにした方が
良いのかもしれません。

体重を落としたほうが
健康に良いのは確かですけれど。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA