神野美伽と元夫、荒木とよひさとの離婚は個人的な事と明言せず

2018年12月に両足手術を
することを明らかにした神野美伽
現在はすでに両足手術を
終え仕事復帰を果たしています。

今回はそんな神野美伽と元夫、
荒木とよひさとの離婚について
みてみましょう。


 

■神野美伽と荒木とよひさの結婚

神野美伽と荒木とよひさは
1999年に結婚。
荒木とよひさは初婚ではなく、
元嫁との間に子供がおり、
子供は三代目
あばれはっちゃくの荒木直也。

少なくとも2007年時点では
音楽プロデューサーとして
働いていることを
第4シリーズのヒロイン、水沢真子が
ブログにて明らかにしています。

また、神野美伽は夫の荒木とよひさと
結婚をしてから
専業主婦になる予定であり
事務所の社長に伝えてもいました。

夫の荒木とよひさと
子供を作ろうという話をしたものの

夫の荒木とよひさは
「歌が子供みたいなもの」
「仕事で上り詰めることを
選んでほしい」
という思いがあったとも
語っています。

そして実際に神野美伽が
仕事を離れると歌いたくなり
結局歌の仕事に戻ったとのこと。

■別居を開始も…

神野美伽と荒木とよひさは
2010年9月には別居が報じられました。

別居の理由については
荒木とよひさが京都に在住し
お茶屋通いに夢中であるとの
理由であると報じられたものの、
神野美伽は否定。

ただし9割は合っていて
別居ではあるとしつつも
別居の理由はお茶屋通いではなく
荒木とよひさが映画の台本や
時代小説を書くために資料館の近い
京都に住んでいるためとのこと。

■離婚は当初は否定

神野美伽は前述の別居報道の際に
別居は認めたものの
離婚はありえないと語っていました。
実際に別居を開始してから
2年経った2012年9月にも

神野美伽は渋谷で
コンサートを行いましたが
その際にも荒木とよひさは現場に来ており
前向きな別居であると強調。
 

■2015年に離婚

そうして別居をしていた神野美伽と
夫の荒木とよひさですが
2015年8月11日に
近く離婚することを明言。

神野美伽と荒木とよひさの
離婚話が出ていたのは2013年頃。
2015年はじめからお互いに弁護士を建て、
お金や不動産など財産分与もした上で
2015年8月中旬に
離婚が成立したことを発表しました。

■夫との離婚原因について

神野美伽は元夫、
荒木とよひさとの離婚理由について
あまり多くは語っていません。

2015年8月30日には
舞台「結婚しない女たち」
の公開稽古の際に舞台名も相まって
離婚について以下のように説明。

「ゼロにしようということになった」
「帰ってきてほしかったし
何度も話はした」

「でも私も夢を追って
海外に行ったりなど
つじつまのあわない女房だった」

実際に神野美伽と
元夫、荒木とよひさは
お互い多忙なこともあり
離婚の話が出てからの2013年から
2015年の2年間はほとんど顔を
合わせていなかったとのこと。
 

■おわりに

神野美伽は離婚をした後でも
元夫、荒木とよひさとは
歌手と作詞家という
仕事上のパートナー関係であり

素晴らしい作詞家で
今後もそういった縁は
あるとも語っています。

実際に離婚をした後も
神野美伽の歌の一部は
荒木とよひさが作詞を担当。

神野美伽のデビュー35周年記念の
アルバムも元夫、荒木とよひさに
作詞を依頼していますし
ある程度は良好な関係。



コメント

タイトルとURLをコピーしました