菅原一秀はダンスでSAMとユニットを組んでいた。ユニット復活も…

過去にTRFのSAMとダンスユニットを組んでいた菅原一秀。実は現在は政治家となり
2003年から衆議院議員となって現在まで当選を果たしています。

今回はそんな菅原一秀が過去にTRFのSAMとダンスユニットを組んでいたことについてみてみましょう。

■菅原一秀について

名前:菅原一秀(すがわら いっしゅう)
生年月日:1962年1月7日
出身:東京都練馬区

菅原一秀は東京都練馬区に生まれ、早稲田実業高等学校、早稲田大学政治経済学部を卒業。
日商岩井に入社をし1991年に練馬区議会議員選挙に出馬し当選。

1995年に再選し1997年に辞職。1997年の東京都議会議員選挙に出馬して当選。2000年に自民党公認で東京9区から出馬するも落選。2003年に再び自民党公認で出馬し当選。以降は現在まで6回ほど当選を果たしており、財務副大臣、経済産業副大臣を歴任してもいます。

■菅原一秀はSAMとダンスユニットを組んでいた

菅原一秀は実は10代の頃にシルベスター・スタローンの映画に憧れ「ロッキー」というダンスユニットをTRFのSAMと4、5年組んでいました。

もともと菅原一秀とSAMはダンスのコンテストで知り合い、デパートの屋上でダンスをさせて欲しいとお願いしたりディスコでダンスしたりと武者修行をしていました。

しかし菅原一秀は政治家になるという夢があったためSAMの家に便箋14枚の別れの手紙を出し「俺は日本一の政治家になるからお前は日本一のダンサーになれ」と告げて菅原一秀は政治家に、SAMはTRFのメンバーとしてダンサーに。

また、2014年10月1日には練馬文化センターにて「ねりフェス」が開催。この時に菅原一秀はSAMとトークショーを行いましたが当然のごとくダンスを行いました。

菅原一秀とSAMのダンス動画はこちらとなります。

ねりフェスの模様その④

すがわら一秀さんの投稿 2014年10月1日水曜日

SAMと菅原一秀は1962年1月生まれ。2014年10月時点では52歳となります。

■おわりに

View this post on Instagram

たまには昔を思い出して…♯trfSAM

A post shared by すがわら一秀 (@sugawaraisshu) on

ちなみに菅原一秀は実はSAMよりも全国大会では上位。菅原一秀が3位、SAMが7位であることを明かしてもいます。ただしSAMは菅原一秀は話を度々盛るとトークショーで語ってもいますけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました