本田真凜がコーチ変更3ヶ月でJAL契約!練習嫌いと前コーチがコメントも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前コーチの濱田美栄から
男性のラファエルへコーチへと
変更されたばかりの本田真凜

そんな本田真凜が
日本航空(JAL)と所属契約を
結ぶことが明らかに。

今回はそんな本田真凜の
JAL所属についてと
コーチ変更をしたこと、

前コーチの濱田美栄は
本田真凜を練習嫌いと
評していたことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■本田真凜がJAL所属へ

本田真凜はJALのスケート部の
最初の所属選手という形になります。

2018年7月8日、
東京都連名の総会にて
JALのスケート部が設立。

今シーズンから選手の所属が
可能となり、本田真凜は
2018-19年シーズンから
JALの所属となるとの事。

もともと本田真凜は
2016年11月21日にJALと
スポンサー契約を締結。

インスタにてJALと
スポンサー契約を締結した当時、
本田真凜がその時の画像を
公開しています。

本田真凜がJALと
スポンサー契約をした事で
海外合宿や国際大会での移動は
ビジネスクラスやファーストクラスで
移動をすることが出来る等、

長時間のフライトでも
リラックスをして
移動できるともされていました。

また、本田真凜が平昌五輪に
出場することが出来れば
「真凜ジェット」を飛ばすプランも
あったとのこと。

残念ながら平昌五輪へは
本田真凜は出場できませんでしたが

今回所属契約を結んだことで
4年後の北京五輪を見据え
さらなる手厚いサポートが
受けられるということに。

ちなみに浅田真央も
2013年からスポンサー契約を
結んでいました。

その時に実現した
浅田真央ジェットの動画はこちら。

本田真凜がJALと
スポンサー契約だけではなく
所属契約を結んだため
早い段階で本田真凜ジェットが
空を飛ぶ可能性も…?
 

【スポンサーリンク】

 

■本田真凜の前コーチ

本田真凜は幼少期から
濱田美栄コーチに師事していました。

また田村岳斗コーチという
男性コーチも
濱田美栄コーチとタッグを組んで
教えていました。

ちなみにこの弾性コーチの
田村岳斗コーチは
田村マヤ子とも知られています。

そのことが(一部で)大きく
話題になったのは
2018年2月のとあるツイートが発端。

ちなみにあくまでもキャラであり
フレンズオンアイス(FOI)という
アイスショーに田村岳斗は
初年度から参加をしており、

2011年8月のFOIで
田村岳斗コーチが女装。
田村ヤマ子となり
高橋大輔にキスなどを
したという流れになっています。

濱田美栄は関西を中心に
多くの国内選手を
指導してきた名コーチ。

現在は平昌五輪2位の宮原和子、
白岩優奈や紀平梨花を
指導しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■コーチ変更

本田真凜のコーチ変更は
2018年3月30日に報じられました。

幼少期から当時まで指導をしていた
濱田美栄コーチから
ラファエルコーチに変更。

ラファエルコーチは
2006年夏から2008年まで
浅田真央のコーチを務めていました。

この時に浅田真央はNHK杯で
199.52の歴代最高点で優勝、
2007年世界選手権で銀メダル、
2008年四大陸選手権で初出場初優勝
2008年世界選手権で優勝など
実績のある人物となっています。

■コーチがコメントで練習嫌いと発言も

本田真凜の前コーチである
濱田美栄コーチは
2017年10月29日には
本田真凜に辛口のコメントを
していました。

本田真凜は2017年10月28日の
フィギュアスケートグランプリ(GP)
スケート・カナダで5位。

その時のコーチのコメントは
本田真凜の練習嫌いを指摘する
厳しいものでした。

「きちっとした練習ができていない」
「(練習が100必要なら本田真凜は)
20ぐらい」
「凄く甘い」

「練習が合格点をつけられない」
「人間は絶対に失敗をするのに
その後のリカバーをする練習をしない」

 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

上記濱田美栄コーチのコメントで
本田真凜が練習嫌いであると
取れる発言をしていますが

2018年3月4日に
濱田美栄コーチは情熱大陸に出演。
その際には鬼コーチな
素顔を見せていました。

そのため本田真凜が
練習嫌いなのではなく
単純に練習の要求量が
多すぎるだけな可能性も。

ちなみに、濱田美栄コーチは
本田真凜に対してだけでなく
メディアにも以下のように
苦言を呈しています。

「メディアのみなさんも、
あの子に甘すぎる」
「真凜が勘違いして
しまうのが怖い」

コーチ変更によって
環境も変わりましたし、
JAL所属によって更に大きく
環境も変わりました。

平昌五輪に出場できなかった悔しさもあり
練習嫌いは昔の話になっている可能性も。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください