ノンスタ井上、当て逃げ事故の同乗者スーパーマラドーナ武智は現在…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年12月にノンスタ井上が当て逃げをした際に
同乗者として報道をされたスーパーマラドーナの武智

ノンスタ井上は芸能活動を休止となりましたが
2017年5月下旬あたりからは
ちらほらと復帰をし始めています。

しかし一方で当て逃げ事故のときに
同乗者であるとされたスーパーマラドーナ武智は
現在も仕事が激減状態であるという。

今回はそんなノンスタ井上の当て逃げ事故の同乗者である
スーパーマラドーナ武智についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■スーパーマラドーナ武智について

名前:武智(たけち)
本名:武智正剛(たけち せいごう)
生年月日:1978年8月3日
出身:愛媛県松山市

スーパーマラドーナは2003年12月に結成した
大阪NSC22期生の田中一彦と
武智が結成したお笑いコンビ
「マラドーナ」が前進となったお笑いコンビ。

マラドーナは2003年12月に結成し
2007年12月31日に一度解散。
2008年4月に「スーパーマラドーナ」として再結成をしました。

2015年にM-1に決勝大会初進出して5位に。
2016年にM-1で3位になるという実力派コンビです。

■ノンスタ石田にダメだしをされる武智

実はスーパーマラドーナ武智は2016年に
東京に進出した際の対応のアドバイスとして
ノンスタ石田から相方を愛でろと伝授されています。

その時にノンスタ石田は
俺も相方(ノンスタ井上)は嫌いで、
この先好きになることはないと断言しながらも

田中がギャグをした後の武智の目がいつも怖いから
ムツゴロウさんが動物にやるように愛でて
雰囲気を良くしろと本気のダメ出し。
 

【スポンサーリンク】

 

■ノンスタ井上の事故の同乗者として…

2016年12月11日真やに
当て逃げ事故を起こしてしまったノンスタ井上。
そして同乗者として武智の存在が発覚しましたが

武智が当て逃げ事故について
口を開いたのは2016年12月17日。

相手方や仕事関係者に謝罪をし、
事故の詳細については
警察の事情聴取を受けてから出ないと話せないとし、
黙っているのはやましいことがあるからではないと発言。

しかし2016年12月15日に
ノンスタ井上の当て逃げ事故の同乗者として
報道陣に直撃をされたものの
此の時は無言のまま後にしてしまいイメージを悪化させてしまいました。

■武智の現在

M-1で3位になったばかりのスーパーマラドーナですが
ノンスタ井上の当て逃げ事故の同乗者として
武智は何も悪くないはずなのに無言であったことで
イメージを悪化させてしまい、

本来ならM-1の1-3位とセットで
イベントのオファーが殺到する予定であったものの
仕事が激減してしまったという。

■おわりに

2017年5月22日には武智は
ノンスタ井上の当て逃げ事故時のやりとりを再現。

武智がタクシーに当たったかもしれないと確認したものの
ノンスタ井上が、運転手が降りてこないし
当たってないんじゃないかとして
そのまま走り出したことなどを明かしています。

そうしてノンスタ井上は復帰して
テレビにももうたくさん出ているにも関わらず
武智らスーパーマラドーナは仕事が激減。

当て逃げ事故後のストレスで
人生で初めて円形脱毛症にもなってしまったという。

実際に武智は同乗者であっただけですが
ノンスタ井上は良くも悪くも注目をされ
復帰も禊を済ませたような空気が既に形成されていますが
武智については禊をする機会も無い感じなんですよね。

実際に悪いことはしていないわけで
事故後に下手なことは言えないのも分かるのですが
そうであるのなら最初に取材されたときに

「すみません、警察の事情聴取が終わるまでは何も言えません」
とだけでも言っておけば全く違ったのでしょうけれど…。
問題が起きたときの初動というのは大切ですね。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA