栩原楽人が芸能界引退し父の会社を継ぐことに。沖田総司等で活躍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仮面ライダー響鬼の主人公の一人、
安達明日夢役や
ミュージカル「刀剣乱舞」で

沖田総司として
活躍をしていた栩原楽人

そんな栩原楽人が芸能界を引退し
父の会社を継ぐことを明らかに。

今回はそんな栩原楽人についてと
栩原楽人の引退について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■栩原楽人について

名前:栩原楽人(とちはら らくと)
生年月日:1989年10月19日
出身:東京都

栩原楽人は2000年愛の劇場
「ママまっしぐら!」でデビュー。

2005年には仮面ライダー響鬼で
主人公の一人である
安達明日夢役として出演。

2010年には大河ドラマ
「龍馬伝」に出演をし
沖田総司役。

そして2016年には
ミュージカル「刀剣乱舞」で
再び沖田総司を演じています。

また、2013年には
映画「永遠の0」にも出演。


 

【スポンサーリンク】

 

■アクションが凄かった

栩原楽人はアクションシーンに
とても力を入れていて
一時期は本気でプロのスタントマンと
並ぶ実力絵を目指していると
ツイッターで語ったことも。

ちなみに弟もいるようで、
弟のお下がりを
栩原楽人がもらったりもするよう。


 

【スポンサーリンク】

 

■栩原楽人の引退

そうして栩原楽人は
2018年3月1日に芸能界を引退し
父親の会社を継ぐことを発表。

今後は新たな業界で
一歩ずつ進んでいくとのこと。

父親の会社については
現在のところは不明。

しかし2009年頃には既に
閉店をしたとのことですが、
新大久保駅から43mの場所にあった、
焼き鳥屋「ちっきん」を
父親が経営しており
ファンが集っていた事があったよう。

そうなると栩原楽人が今回継ぐ
父親のお店も飲食店なのでしょうか。

■おわりに

最近は芸能界を離れても
別分野で成功する人は多くいますし
栩原楽人もそのように、
数年後に姿を見せることが
あるかもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください