豊田剛一郎医師が小川彩佳アナの結婚相手だった。父も医者・元官僚

株式会社メドレーの
代表取締役である豊田剛一郎医師
実は豊田剛一郎医師が小川彩佳アナの

結婚相手であったと
週刊ポストが報じており
小川彩佳アナも
豊田剛一郎医師本人も
認めています。

今回は豊田剛一郎医師が
小川彩佳アナの結婚相手であったこと、
豊田剛一郎医師と父が医者、官僚である
豊田潤多郎であるということについて
見てみましょう。


 

■小川彩佳アナと櫻井翔

小川彩佳アナは嵐の櫻井翔と
2016年秋から交際に発展。
2017年2月に交際が報じられますが
2018年8月には破局が報じられます。

破局理由は結婚観のズレ。
嵐は2020年の東京五輪を
最大の目標としており
それまでは結婚できないとの見方が
とても強かったという経緯。

それまで小川彩佳アナと
結婚できないのは悪いために
破局をしたとされていました。

実際に嵐は2019年にはNHK東京2020
オリンピックパラリンピック
放送スペシャルナビゲーターに就任。

■小川彩佳アナが結婚へ

そうして櫻井翔と破局をした小川彩佳アナ。
2019年2月8日には一般男性と結婚をし
テレ朝を退社してフリーアナウンサーとして
活動することを発表。

しかし2019年6月時点では
まだ結婚をしておらず新居も
見つかっていないとされていました。

しかし2019年7月26日には
週刊ポストにて小川彩佳アナは
2019年7月に結婚していたこと、
結婚相手は豊田剛一郎医師
であることが報じられました。

小川彩佳アナと豊田剛一郎医師は
それぞれ結婚していたことを認めており
出会いのきっかけは共通の友人の
紹介であるとも明かしています。
 

■豊田剛一郎医師について

名前:豊田剛一郎(とよだ ごういちろう)
生年月日:1984年5月23日
出身:東京都

豊田剛一郎医師は
開成中学、開成高校を卒業。
そして東京大学医学部に進み
卒業後は脳神経外科医に。
国内の病院に勤務をした後に渡米。
ミシガン小児病院で研究に従事。

帰国後は日本の医療に危機感を持ち
医療を変革するために
マッキンゼーアンドカンパニーで
ヘルスケア業界などの戦略コンサルティングを経験。

2015年には株式会社メドレーの
共同代表に就任をし、
オンライン医療辞典「MEDLEY」
オンライン診療アプリ「CLINICS」
などを立ち上げるという超エリート。

また、「代表取締役医師」
という見慣れない肩書も。

また、週に1度はジムにいくようにして
定期的に運動をし、暴飲暴食も控えて
睡眠はしっかりととるように
しているとも明かしています。
 

■豊田剛一郎医師の父もエリート

豊田剛一郎医師の父親は豊田潤多郎。
1972年に大蔵省に入省をし、
1990年には退官。

退官後は医療法人淳宰晃会の
副理事長に就任し、
2006年には理事長に就任。

そして政界にも進出をしており
1993年には衆議院選挙で出馬し初当選。
1993年から1996年、
2009年から2012年の2期当選しています。
豊田潤多郎は現在も自由党
京都府第四区総支部長となっています。

ちなみに娘は2人。
豊田剛一郎医師とあわせて子供は3人。

■おわりに

豊田剛一郎医師の父親は
官僚、政治家、医療法人の
副理事長とまさにエリート。
息子である豊田剛一郎医師も
ITと医療の分野ではまさに先駆者。

小川彩佳アナの父親の小川郁も
大学医学部教授で医師会会長と
二人の父親は超エリート。

しかし小川彩佳アナの結婚相手は
一般人と当初は言われていましたが
これは一般人の枠組みなのでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました