インパルス堤下の不祥事二回目で相方は絶望を味わったと発言したばかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インパルス堤下が睡眠薬とアレルギー薬を
飲んだ直後に車を運転したとして
書類送検をされましたが

再び交通事故、2017年10月27日に
今回はゴミ収集車に追突事故をして
怪我人が2人出てしまうという不祥事を
起こしていたことが明らかになりました。

今回はそんなインパルス堤下の不祥事に対しての
相方の板倉の反応についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■インパルス堤下の不祥事

インパルス堤下の不祥事として
記憶に新しいのが
2017年6月14日に銭湯に行った後に

睡眠薬とアレルギーの薬を飲んだ直後、
意識が朦朧とした状態で
車を運転したことが報じられました。

この不祥事にたいしてインパルス堤下は
当日に会見を開いて謝罪。
また、吉本としては近親や解雇は
ないとのことが発表。

そして2017年9月5日には
前述の通り意識が朦朧とした状態で
車を運転したことに加え

電柱に乗用車をぶつけたものの
事故を申告しなかった疑いで
書類送検をされています。

■不祥事に対する板倉の反応

そうして不祥事を起こしてしまった
インパルス堤下ですが
2017年10月13日には
AbemaTVの「エゴサーチ」に出演。

スタジオに入るなり不祥事について謝罪をし、
事件の真相について語っています。
またアレルギー状態の写真も公開。

また、相方の板倉も出演をし、
インパルス堤下の事故での不祥事については
母親のメールとテレビで知って

「終わった。これ終わったんだ僕」
と絶望してしまい、
詳細を知りたくて自ら事務所に
問い合わせをしていたことも明らかに。

そのようなこともあり、
インパルス堤下が謝罪会見を
2017年6月14日に行った後、

相方の板倉に電話をすると
「やったなお前」の一言で
電話をきられたという。

ただしその後には
「いずれ笑いになったらいいな」と言われ
その言葉にインパルス堤下は
救われたことを明かしています。

また、ツイートでも
インパルス堤下の不祥事について
謝罪をしています。

 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

インパルス堤下は睡眠薬やアレルギー薬を
飲んだ後の運転という不祥事について
2017年10月13日の番組で話をしました。

インパルス堤下は2008年9月にも
スピード違反の不祥事を起こしたこともあり、
芸人の事故も相次いだためにマネージャーですら

2017年6月の不祥事によって
インパルス堤下の免許が取り消しだと
勘違いしていたことを明らかにしています。

そしてようやく話題も
収まったかというこのタイミングで
追突事故という不祥事を再び起こしてしまい
今回は軽傷とは言え怪我人も
二人出てしまいました。

おそらく今日明日に会見を開いて
今後について発表がされるとは思いますが…。
相方の板倉も現在は
ツイッターは沈黙しており心配。

2017年10月28日追記

インパルス堤下が事故を起こした現場は
見通しの良い片側2車線。
事故の後には尿と血液検査を受けましたが
睡眠薬は服用しておらず、
考え事をしていたと話しているとの事。

当面は活動を自粛し、
相方のインパルス板倉のみが
イベントなどに参加をする方針のよう。

2017年10月30日追記

インパルス板倉が
2017年10月29日のイベントに出演し
相方の事故について謝罪。
事務所は近日中に会見を開く予定とのこと。

そのため会見前の発言を避けるためか
インパルス板倉も堤下が事故を起こしてからは
ツイッターは現在に至るまで沈黙中。

2017年11月8日追記

そして現在はツイッターを
再開をしています。

追記終わり

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA