宇多田ヒカルが前の旦那と離婚した理由が衝撃!現在の夫との子供は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宇多田ヒカル
『とと姉ちゃん』の主題歌である
「花束を君に」などで
また存在感を表してきました。

宇多田ヒカルの音楽も好きですし
人間性も個人的に好きなので嬉しい限り。

今回はそんな宇多田ヒカルの
旦那との離婚理由
そして現在の夫であるイタリア人の、
フランチェスコ・カリアーノさんと
その子供について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■宇多田ヒカルと紀里谷和明の結婚

宇多田ヒカルと映画監督であり
写真家でもある紀里谷和明は
2000年にアルバム「Distance」の
撮影で知り合いました。

そして2002年に結婚をしています。
元々、紀里谷和明は
結婚は馬鹿がするものと思っていたものの

宇多田ヒカルと出会ったことで
自分の持っている全てをなげうってでも
宇多田ヒカルと生きようと思った、
と語っています。

■紀里谷和明が明かした離婚理由

紀里谷和明は離婚原因は
以下のように語っています。

好きになるのに理由がないように
別れることにも理由はない。

気持ちのことだから、
何ひとつ解析できないんですよ。
解析できたら解決するもん

結局、彼女は若すぎた。
俺は未熟だった。

その一方で、紀里谷和明は
離婚した今でも愛していて
もし宇多田ヒカルの身に何かあったら
なんでもするとまで言っています。

しかし2015年11月に本当の離婚理由を
ワイドナショーで質問された紀里谷和明は
「ニュースになっちゃいますから…」
と答えを濁していました。

■宇多田ヒカルが明かした離婚理由

宇多田ヒカルは離婚理由を
紀里谷和明がインタビュアーのように
質問攻めをしてきて
とても困ってしまったと述べています。

それは紀里谷和明が
孤独な宇多田ヒカルを救おうと
真摯に向き合った結果なのですが
宇多田ヒカルの発言は以下のとおり。

「創造の厳しさ苦しさ孤独を
お互い抱えたまま、
相手に甘える事が
最後まで出来なかったと思う」

実際に宇多田ヒカルは生活を
全部一緒にしたいという気持ちがなく
逆に紀里谷和明は
一体化したいというのが理想。

そのような結婚に対する価値観のズレが
離婚の原因ではないかとされています。

■宇多田ヒカルは浮気をしていた!?

上記のように結婚したとしても
生活全てを一緒にしたい、
というわけじゃない宇多田ヒカル。

離婚後に実は
浮気したことがあると語っています。
「Come Back To Me」という、

浮気したけど許して欲しい、
戻ってきてという
内容の歌がアルバムにあるため実体験では、
と元々噂されていました。

紀里谷和明が言ったら
ニュースになる本当の離婚理由と
宇多田ヒカルの浮気を
したことがあるという発言で

本当の離婚理由は
宇多田ヒカルの浮気だったのでは?
という話が出ています。

生活全てを一緒にしたい
というわけではない、
というのもそう考えると
しっくり来ますしね。
 

【スポンサーリンク】

 

■宇多田ヒカルと現在の夫との結婚

宇多田ヒカルは離婚から
7年たった2014年5月に
バーテンダーの
南イタリア出身のイタリア人で

8歳年下のフランチェスコ・カリアーノと
結婚をします。

この旦那は結婚後は専業主夫となっていて
宇多田ヒカルが外で
稼いでくるという夫婦になっています。

■宇多田ヒカルの子供

2015年7月3日に宇多田ヒカルは
男の子が生まれたことを報告しています。

名前や写真は非公開となっていますが
名前については
イタリア人とのハーフですしね。

日本式にするのかイタリア式に
するのかというのかが読めません。

ただ、宇多田ヒカルは子供の名前については
2012年には以下のように語っています。

絶対読めない名前とか、
日本語っぽくない名前とか、
ちょっとかわいそうだなと思う。

イタリア人の旦那と結婚し
子供はハーフであるため
日本語っぽくない名前でも
全く問題はないですが…。

少なくとも日本語の名前でしたら
読みづらい漢字には
しなさそうではありますね。

■おわりに

宇多田ヒカルは2016年9月から
色々なテレビに出演します。
これも旦那が専業主夫であるから
子供がまだ幼くても
復帰できるということですね。

宇多田ヒカルの花束を君にもいい歌ですし
これからの活躍が本当に楽しみ!

宇多田ヒカルは活動していない期間にも
YouTubeに公式チャンネルを持っており
様々な歌をアップしていたため

いろいろな歌を聴いていました。
個人的に一番好きなのは下の歌。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA