大和龍門が現在借金生活を告白。トラック運転手のバイトも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TBSのバラエティ番組で
「大検ハイスクール」
「BE-POP予備校」などの講師ををし
「ゴームラン級の馬鹿だな」などの
名言を残した大和龍門

番組が終わった現在は借金生活で
トラック運転手の
バイトもしているという。

今回はそんな大和龍門の現在について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大和龍門について

名前:大和龍門(やまと りゅうもん)
生年月日:1956年11月26日
出身:鹿児島

大和龍門は武道家であり
一刀棒家元・闘剣創始者、
居合道教士七段。

1997年には道場
「無双館」を立ち上げて
実践居合道「禅刀道」を開始。
1998年にはノックアウト剣道の
「闘剣」を立ち上げます。

そして2001年にはTBSの
人気バラエティ番組に参加をし
不良を大学に合格させる
「大検ハイスクール」
「BE-BOP予備校」などのコーナーを担当。

今でもネットでは度々見かける
「ホームラン級の馬鹿」という
名言を生み出した人。

個人的には
「ガンジーが助走つけて殴るレベル」
と同レベルの言語センスだと思います。
 

【スポンサーリンク】

 

■大和龍門の番組参加きっかけ

実は元々大和龍門は
番組からの誘いが
あったときは乗り気ではなく消極的。

その時大和龍門は
無双館道場を開いており、
知名度を上げるために苦労していて
そちらで手一杯。

しかし若い衆に番組から
誘いがあったのを告げると

「毎回試合のたびに1週間ぐらい
1000件近いFAX流しているのを
番組に出て有名になれば
もうやらなくて良い」
と言われて「最高じゃねえかよ」と思い
番組の参加を決意。

■現場の思い出

大和龍門は番組を振り返り、
ADが一番つらかったと
思うと語っています。

その理由としては、
1作品目は群馬の合宿所で収録が有り
道場もあったので大和龍門は

月に300万かけてハイヤーで
行き来をしていたが
生徒は合宿しっぱなし。
ADはずっとそこに泊まる状態。

更に収録現場で地元の不良にからまれ
ボコボコになったADや、
オーディションに落ちた人が
ADをさらっていったりも。

ちなみにそのADは
現在はゴッドタンをしている
シオプロの塩谷社長との事。
 

【スポンサーリンク】

 

■大和龍門の現在

大和龍門は現在は
道場の入門希望者が
激減してしまい、
道場の維持費などで借金生活。

その額は3000万であるとのことで
個人で借金を請け負って道場を一度閉鎖。

現在大和龍門は狛江市で
1Kの部屋を借りて生活をし
午前中はドラック運転手の
アルバイトをしているという。

■おわりに

大和龍門は現在は借金返済と
道場を新たに作るための活動資金を
稼ぐためにトラック運転手にも
なっているよう。

また、講演活動も行っているようで、
講演依頼を受け付けるサイトで
講師として登録もしています。

市や大学、教育委員会などで
講演実績がある様子。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.