米倉涼子にトラブルか。結婚相手(旦那)はアルゼンチン人ダンサー

芸能

米倉涼子にトラブルがあったと一部で報道が。米倉涼子は前日に事務所から電撃独立をする事が明らかになっていましたがそれはアルゼンチン人ダンサーとの結婚を巡って意見が対立した事であるとされています。

米倉涼子は以前からアルゼンチンタンゴに興味を示しておりアナザースカイなどでもその様子が紹介されていました。そしてそのアルゼンチンタンゴ教室の講師と交際に発展。

結婚も目前であるとのことでした。今回はそんな米倉涼子のトラブル、そしてアルゼンチン人ダンサーとの結婚を反対されてトラブルとなった報道などについてみてみましょう。

米倉涼子にトラブル?事務所を電撃退社

出典:ドクターXインスタグラム

米倉涼子にトラブルがあったのでは?と報じられたのは2020年3月24日の女性セブンにて。女性セブンによると米倉涼子は芸能界デビューしてから今までの30年以上所属していた事務所、オスカープロモーションを退社して独立するとのすっぱぬき。

米倉涼子は2020年3月31日をもって事務所を退所。4月以降は心機一転、個人事務所を設立して女優としての活動を続けていくということが明らかになりました。米倉涼子のこの電撃退社はこのときの報道によると2019年夏の米倉涼子主演ミュージカル「シカゴ」の公演に手応えを感じたため。

しかし米倉涼子は海外に進出するには様々なしがらみもあることから今後の事を考えて女優として一層の飛躍を遂げるには事務所を独立して身軽になる必要があると決心をして独立という形を取るとのこと。

翌日には結婚を巡ってトラブル説も

しかしこのように米倉涼子の電撃退社にはトラブルが理由であるという説も一部報道にてされました。実は米倉涼子は以前から話題になっていたアルゼンチンダンサーと再婚をすると決めたものの所属事務所から反対。そのことでトラブルに発展をしたとされました。

米倉涼子の電撃退社は2020年3月24日に所属事務所の社長名義でコメントを発表。円満退社であることを強調はしていましたが…。米倉涼子は2020年3月に事務所のトップに結婚をしたいと申し出。しかし猛反対をされ二人が言い争う声が響き渡ったとのこと。

この結婚を巡ってのトラブルが事実であるのなら、3月頭に口論をしてその月末に電撃退社というのもなかなかのスピード感。

結婚相手予定の旦那はゴンサロ・クエッショ

米倉涼子の結婚相手となる予定の旦那はアルゼンチン人でアルゼンチンタンゴの講師、ゴンサロ・クエッショ。二人の熱愛報道は2020年1月に報じられましたが出会いはもう少し前。

その1年以上前からゴンサロ・クエッショは米倉涼子の通う都内のアルゼンチンタンゴ教室の講師として活動をしており生徒と講師から恋愛関係に発展。実際に2019年4月5日の「アナザースカイII」では米倉涼子とゴンサロ・クエッショは共演

。この時はタンゴ講師として出演し、実際に体を密着させて踊っている姿が放送されました。その時の動画はhuluで見ることが可能です。

ゴンサロ・クエッショの故郷はブエノスアイレス。実は熱愛報道が出た時期、1月にはゴンサロ・クエッショは故郷のアルゼンチンに帰国中。4月に再び来日する予定でした。しかし本来は単なる一時帰国であったものの新型コロナウイルスの影響でまだ日本に来れずアルゼンチンで足止め。国境封鎖の影響もあり米倉涼子とゴンサロ・クエッショが再び会えるのはいつになるのかという状況。

米倉涼子とゴンサロ・クエッショの結婚がトラブルというのは…

このような状況を考えると米倉涼子が結婚の意志を告げたものの反対をされてトラブルに発展というのはどうなのかなぁと個人的には思います。

この電撃退社については何かしらのトラブルがあってもおかしくはありませんが、それにしても3月に結婚の意志を告げてトラブルに発展、3月いっぱいで退社というのは展開が早すぎるというか。

米倉涼子は現在海外に滞在中とのことですが、アルゼンチン人のゴンサロ・クエッショと会えているかどうかは不明ですし、その状況で結婚の話をするかなぁと。

オスカーにトラブル?文春が報じていたが

そして米倉涼子と事務所のトラブルというと近年騒がせていたのが事務所の退社報道。実は米倉涼子の所属事務所では最近は女優の忽那汐里、モデルのヨンアも退社。そして岡田結実までもが近々退社をすることが明らかになっています。

実は忽那汐里の退社は2019年12月ですが大きく報じられたのは2020年3月の文春。理由は明らかになっていませんが米倉涼子と同じく海外志向が強かった事。更に2020年3月中旬には韓国出身のモデルであるヨンアも契約終了。そして岡田結実も3月で契約終了と知名度のあるメンバーが続々と退社。

この退社理由は文春によるとパワハラ的な叱責を受けてマネージャーが大量退社。そんなマネージャーの姿を見て心を痛めてしまったというのではとされています。…ちなみに文春は2018年4月にもオスカー内部のパワハラ疑惑を報道。その時の記事によると2017年から2018年にかけて40人以上も退社をしていると報じられました。

こうなると米倉涼子の退社はそのあたりのトラブルの関係ではなくゴンサロ・クエッショとの結婚を反対されたためでは、と報じられる方がまだマシだと考えたのかも…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました