吉川ひなのは家庭環境が複雑。子供出産まで家族という言葉が嫌い

現在はハワイ移住をしている吉川ひなの
家庭環境が複雑であり、
家族という言葉が子供が産まれるまで
嫌いであったことを明かしています。

今回はそんな吉川ひなのの
複雑とされる家庭環境について
みてみましょう。

■吉川ひなのの家庭環境は複雑?

https://www.instagram.com/p/BjgkDvXFSqp/

吉川ひなのは1991年、13歳の時に
スカウトされて芸能界入り。
家族構成は兄と姉、妹。
ちなみに吉川ひなのと
兄の高田一也はインスタなどで
度々ツーショットが。

https://www.instagram.com/p/BLF36wgBTDz/

他にもテレビでも
共演をしたことがあります。

また、吉川ひなのは顔立ちで
ハーフでは言われてきましたが
2015年2月にハーフではないことを明言。

実は吉川ひなのの祖父がフレンチと
ネイティブアメリカンのハーフ。

そのことを吉川ひなのは事務所に言われて
デビューしてからその時までずっと
隠し通してきていたという。

また、兄である高田一也も
2009年5月にはブログで
インディアン系アメリカ、
フランス、日本の血が
混じっていることを明かしています。

そしてその事で子供の頃は
意地悪をされていたとも。

そのような背景からか吉川ひなのは
2016年にはずっと家族という
言葉が嫌いであったものの
子供を産んでその考えが
変わったことを明かしています。

吉川ひなのの場合は、
スカウトされたのが10代前半なので
普通の学生として
生活を送っていなかったため

普通に生きていけるか
苦悩をしたのも大きそうですが。

■子供が生まれて一変

そのように家庭環境の複雑さゆえか
家族という言葉が嫌いであった吉川ひなの。

1999年2月にSHAZNAの
IZAMと19歳で結婚をするも
1999年9月にはスピード離婚。

そして2011年9月に5歳年上の
会社経営者の男性と
吉川ひなのは再婚。
子供を妊娠4ヶ月であることを
明かしています。

そして2011年11月に吉川ひなのは
旦那と結婚式を行い
2012年3月20日に子供(娘)を出産。
2018年2月9日には
子供(息子)を出産しています。

そして一人目の子供が生まれて
吉川ひなのと旦那、娘が
家族になったとし、今では
娘の笑顔が一番であるとしています。

■匂いフェチにも

https://www.instagram.com/p/Bf9tdD8FudN/

吉川ひなのは子供を溺愛。
2018年3月6日にはインスタに
子供とのツーショットを
投稿していますが

子供の匂いをどこでも
嗅いでしまうことを
告白しています。

ちなみに旦那の靴下の
匂いをかぐのが日課と暴露。

■おわりに

吉川ひなのは家族という言葉が
嫌いだったとは思えないほど
インスタにて子供の写真を投稿。
いきいきしているのは
子供のおかげなのでしょうか。