池江璃花子が白血病報告。日本記録を更新したばかり

競泳で日本新記録を更新し
世界新記録も射程圏内の池江璃花子

池江璃花子本人がツイッターで
白血病であることを報告。
池江璃花子は2018年に
多くの種目で日本新記録を更新。

東京五輪でのメダリストとして
期待をされていましたが…。
今回は池江璃花子が白血病を
報告したことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■池江璃花子の白血病報告

池江璃花子が白血病で
あることを報告したのは
2019年2月12日の14時。

ツイッターにて画像内に
文章を記述して報告をしました。

上記ツイート画像のように
池江璃花子は体調不良で
オーストラリアから緊急帰国をし
検査を受けた結果白血病であると判明。

池江璃花子は2019年1月18日から
三週間の予定でオーストラリア合宿に出発。
2019年2月7日まで合宿で
帰国予定は2019年2月10日の予定でしたが
体調を崩したという理由で
途中で帰国をしていました。

■池江璃花子は体の重さを感じると発言

池江璃花子が白血病であると
自ら報告したのは2019年2月12日。
しかしオーストラリアへ出発前に
白血病の兆候であったのか
不調であることを以下のように
明かしていました。

「アメリカから帰ってきて調子が上がらない」
「体の重さを感じている」
「タイムがあがらないわけではない」
「体力、体の疲れ、泳ぎの感覚が
少しずれている感じがある」

 

【スポンサーリンク】

 

■白血病治療のために出場断念

池江璃花子は白血病と発覚したため
2019年4月1日(公式練習日)から
8日までに行われる
日本選手権への出場を断念。

2019年2月16日、17日には
池江璃花子はコナミオープンで
招待選手とされていましたが…。

■池江璃花子は日本記録21種目所持

池江璃花子は2018年に
主に個人種目での日本記録を
数多く所持しています。

リレー種目は9個、
個人種目はなんと12種目。
2018年に更新したものがそのうち9種目。

2020年の東京五輪の日本勢では
競泳女子として金メダルの
最有力候補とまで池江璃花子は
これまで大きく報じられていました。

■おわりに

池江璃花子が白血病と
ツイッターで公表したことで
2019年2月12日16時から
日本水泳連盟は
緊急会見を開くとのこと。

池江璃花子は2018年8月から
9月にかけてジャカルタで行われた
アジア大会では日本選手史上最多の6冠。
最優秀選手として選出もされていました。

その快挙について今でも
ツイッターでは固定をしています。

白血病は今では治る病気。
実際に吉井怜や渡辺謙も
白血病の過去がありましたが
現在は活動をしています。

池江璃花子は2019年2月7日に
オーストラリア合宿を
体調不良で切り上げて
途中帰国をしてはいましたが
まさか白血病とは…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください