川口和久の移籍理由の家族の事情は義父の重病。現在は解説で活躍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カープ史上初のFA権を行使し
巨人へ移籍をした川口和久

巨人キラーとまで言われており
カープ愛のある人物ですが
そのFAでの移籍理由については
義父が重病であったという
家族の事情がありました。

そんな川口和久は現在は
解説者として活動をしています。

今回は川口和久の
家族の事情による移籍についてと
現在の解説者としての
活動についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■川口和久と広島

川口和久は鳥取市の出身であり
1981年に広島から
ドラフト一位指名を受け入団。

1987年にリーグ最多奪三振、
1989年、1991年にも
リーグ最多奪三振を獲得し
広島のリーグ優勝に
貢献をしていました。

そうして川口和久は
広島を第二の故郷を感じ
愛着がありました。

特に対巨人戦では33勝31敗と
巨人相手に30勝以上で
勝ち越しているのは
川口和久と星野仙一、
平松政次の3人だけ。

そのため川口和久は巨人キラーとして
広島時代に活躍をしていました。

■川口和久はFAで巨人へ

そして巨人キラーとして
活躍をしていた川口和久ですが
1994年11月には広島に
FA権の行使を連絡。

これは広島史上初の
FA権行使となり大きく話題に。
 

【スポンサーリンク】

 

■家族の事情での移籍だった

ではなぜ川口和久が
広島から巨人へ移籍したか。
その理由は川口和久の嫁の父、
つまり義父にあたる人物が重病であり

嫁が当時東京に住んでいた父の
看病をしたいので
東京にいくためにFAをしてほしいと
懇願をされたという家族の事情が。

結果として川口和久は
嫁の願いを受け入れて
広島から巨人へFAで移籍をしています。

■番組で川口和久が語っていた

巨人への移籍に関しては
川口和久が広島ホームテレビの
2016年9月14日の番組で

FA宣言の裏側を告白しています。
その理由としては以下の通り。

義父の看病のため嫁に
FAをしてほしいと言われたが、
最初はそれはできないと言った。

理由は自分がここまで来れたのは
カープのおかげであるため。

しかしカープで野球をするか、
家族を捨てるのかで悩み抜き
FA期限までの一週間記憶がない。

当初は広島に迷惑を
かけられないと
パ・リーグを選んだが

長嶋茂雄から直々に
電話で誘われたため
巨人に移籍となった。

ちなみにその番組の時に
川口和久は今でも
カープの思いは変わらず、

ユニホームは大切に
保管をしていると
答えていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■現在は解説者に

川口和久は1995年に
前述の敬意で巨人に入団。
そして義父は1995年3月に
なくなってしまいます。

その後川口和久は
1998年シーズンで現役を引退し、
その後にはメディアに出演。
解説者などとしても
活躍をしています。

SPORTS COMMUNICATIONSなどの
ウェブサイトでも
川口和久は解説をしていたり。

■おわりに

川口和久の家族の事情での
巨人への移籍は
本人も物凄く悩んでいたことを
前述のように明かしていますし

川口和久はやはり広島という
イメージがとても強い。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください