國母和宏の現在が嫁と子供に囲まれ超充実!「反省してまーす」でフルボッコもなんのその

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2010年にバンクーバーオリンピックに出場する際に
腰パン騒動で部tルギを醸し、「反省してまーす」と
発言したことでフルボッコにされたことのある國母和宏

しかしそんな批判も何のその、
現在は嫁と子供に囲まれて映像の世界で活躍をしています。
今回はそんな國母和宏の現在について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■國母和宏について

名前:國母和宏(こくぼ かずひろ)
生年月日:1988年8月16日
出身:北海道石狩市

國母和宏は4歳でスノーボードに出会い
11歳にプロ資格を取得し、
2004年、14歳の時には全米オープンで二位。

2006年のトリノオリンピック、
2010年のバンクーバーオリンピックでは
日本代表として活躍をし、

2010年、2011年の全米オープンを二連覇。
現在はアメリカのカリフォルニア州に在住し、
オフシーズンに日本で生活をする
というスタイルになっています。

■國母和宏は腰パン騒動と「反省してまーす」でフルボッコに

國母和宏の知名度がある意味で飛躍的に向上したのは
2010年2月9日、バンクーバーオリンピックの時に
バンクーバー空港に到着した際の

國母和宏は公式ユニホームを
腰パン、シャツだし、ボタン開けという
独自の着こなしで現れて話題に。

その後國母和宏は2010年2月10日の
入村式の出席を自粛するも
抗議が相次いだことに対し「反省してまーす」と
語尾を伸ばしたことでフルボッコに。

2010年2月12日には記者会見を開き、
國母和宏は開会式に出席させないことを
日本代表選手団の団長であった橋本聖子が発表。

國母和宏もこの時には
「色々な方にご迷惑をかけて申し訳ありませんでした」
と謝罪をしていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■國母和宏は嫁と子供アリ

國母和宏は2009年11月に嫁と結婚をしています。
出会ったのは國母和宏が高校二年生の時で
友人の紹介で知り合った、3つ年上の女性。

子供は2017年7月現在で
3歳の一之介(かずのすけ)君と
2歳の六花(ろっか)ちゃん。

■國母和宏の現在

國母和宏は2013年8月に
全日本チームのハーフパイプ競技の
技術アドバイザーに起用をされ、

2014年のソチオリンピックでは
國母和宏が指導をした平岡卓が銅メダル、
平野歩夢が見事に金メダルを獲得していて

二人とも國母和宏を尊敬し、
アドバイスを聞き入れて結果を出すなど
指導者としても結果を出しています。

そして2012年にはアディダスに移籍をし
ドキュメントムービーも公開されています。

2016年12月には國母和宏は
プロスノーボーダーの労と成果を讃える
授賞式「RIDRES POLL 18」にて
ベストビデオパート部門で
日本人として初めて受賞。

スノーボーダーの中で
世界一の表現者という栄誉に輝きました。

■おわりに

バンクーバーオリンピックの時に
格好がだらしないとされ
フルボッコにされた國母和宏ですが

その格好はスノーボードの世界ではむしろ正統な
着こなしであったようです。

たしかに一般的に見るとだらしない格好と
言えるのかもしれませんが

ヒップホップなども独自のファッションがありますし
そこまでフルボッコに批判されることでは
なかったのかもしれません。

あの「反省してまーす」というのは
國母和宏はこれこそが
スノーボードの着こなしだから

何故批判されているかわからない、
でもとりあえず謝罪しておこうという思いの結果
あのような騒動になってしまったのでしょうか。

そうするとそもそもスノーボードに対する
服装の価値観がお互いにずれていたんでしょうね。

「スノーボーダー」としてではなく、
「オリンピックの日本人選手」というように見ていた人にとって
受け入れがたい服装だったという事になりそう。

2012年に腰パン騒動について
國母和宏は聞かれていますが
もう終わったことで嫌な思い出はまったくないと語っています。

もし國母和宏が、自分の口で
これがスノーボードの着こなしであり、
オリンピック選手の前にスノーボーダーであるから

このような格好をしている、と説明をしていれば
一定の理解は得られたのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 渡邊修一 より:

    初めまして。東京都八王子市在住の渡邊修一と申します。

    私はウィンタースポーツには、全く縁がなく、アイススケート2回と、スキー1回だけ
    ほぼ初心者体験程度の経験です。

    しかしながら、國保さんの現在の「勝負」ではなく、「表現」というスノボーの
    取り組みに、驚きと興味を持つと同時に、今現在自分が、アマチュアとしてですが、
    ゴルフに熱意を入れていて、45年間続けた結果「勝負=スコア」ではなく、今まで誰も目指した事がない別の「表現=ゴルフ表現力」を、何とか確立(もちろん自分一人のスタートですが)できないものかと、考えたいた矢先に偶然拝見した、國保さんの動画、コメントをヒントに始められると確信を得ました。
     これは、当然のことながら現在ハンデキャップ 10の自分の力量の限界、62歳という年齢での限界は承知の上で決意なので、周囲の仲間(ゴルフのインストラクター、関係者、他)、そして重要なのが家族という最大の理解者がいて、初めてできる事だと、
    覚悟の基です。
    同様に家族を大事にされてる國保さんに、是非とも見ていただきたい「絵本」があるのですが、題名「虹の鳥とこどもたち」という本で、最近アフリカのルワンダから届いた本です。
     この本ができた経緯と、発行者の考えは前置き含めてお伝えするには、この投稿スペースだと限界がありますが、主旨はこれからの世界を背負う今の子供さんたちに、必ずや
    人への思いやり、困った人の助けに必ずや良い教えになるものと思はれます。

    普段のお忙しい生活の中で、國保さんのお子様への接し方を拝見するにあたり、是非とも
    ご覧いただくお願いできれば幸いです。

     尚、この本は発行者の意志とルワンダ国の協力で、どなたでも、どの施設でも数に
    制限なくお配り出来る非売品のため(但し内容をお知りいただいた上で、是非ともお役立ていただける方)送料も送り元負担の無料配布です。

     以上ですが、もしご希望をお伝えくだされば手配させていただきますが、
    当然のことながら、こちら側の信用性のご確認も必要と思はれます。
    その事で、もし連絡必要な場合は連絡先(携帯番号)を追ってお知らせいたします。

     何卒、宜しくお願いいたします。
                         2017年7月15日 東京都八王子市

                               渡邊修一

コメントを残す

*

CAPTCHA