モハメドアリの病気はパーキンソン病。どのような症状か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロボクサーの
世界ヘビー級チャンピオンとして
名を馳せたモハメド・アリ

モハメド・アリは持病として
パーキンソン病を
長い間患わっていることが有名です。

今回はモハメド・アリの
パーキンソン病について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■モハメド・アリとパーキンソン病

蝶のように舞い、鉢のように刺す
プロボクサーのモハメド・アリ。
そんな彼は長い間
パーキンソン病という
病気に悩まされてきました。

しかしモハメド・アリは1984年に
パーキンソン病と診断されました。

1981年に判定負けをして
引退してからの
3年後ということになります。

パーキンソン病で長い闘病生活に入り
公の場には殆ど姿を
表さなくなりましたが
それでも社会的な地位は高く
評価されていました。

そのため1996年の
アトランタオリンピックでは
聖火を聖火台に点火するという
大役を任されました。

もちろんパーキンソン病が
完治したというわけではなく
病気をおして聖火台に点火。

その際もパーキンソン病のため
手が震えていたのですが
それでも堂々としたモハメド・アリの姿は
人々の心に強く印象づけられました。
 

【スポンサーリンク】

 

■パーキンソン病とは

日本では難病指定されている病気で
進行性の神経変性疾患です。
原因は不明ですが
メカニズムは判明しています。

1.中脳の黒質に変質や萎縮が発生
2.黒質からのドーパミンの
分泌量が20$以下に減少

3.ドーパミン不足により
運動機能を担当する
大脳皮質の下の線条体の機能低下
4.体が震えたり筋肉がこわばる

そして主要症状は以下の4つです。

■安静時振動:安静時に震えが起こる。
緊張で増加。

■無動、寡動:動作の開始が
困難になる。
動作がゆっくりと、小さくなる。

■筋強剛:力を抜いた状態で
関節を他動させようとすると
抵抗が見られる。

■姿勢保持反射障害:
バランスを崩しそうになった時に
倒れないようにするための
反射が弱くなる。

パーキンソン病は原因が不明ですが
原因であるだろう、
というものには以下のものが有ります。

1.加齢
2.金属への曝露
3.ライフスタイル:偏食、
飲酒・喫煙をしない
無趣味、仕事熱心、
無口、内向的で几帳面

他にも様々な説がありますが
否定的な説もあり
正直原因がほとんど不明です。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

パーキンソン病で
ほぼ確実な原因とされているのが加齢。
そしてパーキンソン病はその動作が
緩慢になってしまうという原因から
認知症など、他の病気とも
併発しやすいんです。

パーキンソン病患者の追跡調査では
78%が認知症を発症というデータもあるぐらいです。

これは歩行が困難になると
あまり体を動かそうとはしなくなるため
認知症が発症する、
ということになるということですね。

モハメド・アリも
右足の小指を骨折し、
正常に治らなかったため
引退後は軽い歩行困難に
陥っていました。

そのためパーキンソン病だけでなく
軽い認知症を患っていた恐れもあります。

そういう意味ではパーキンソン病は
他の病気を併発しやすくなってしまう
恐ろしい病気ということに…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください