井上尚弥怒り!ネリがまた軽量失格…山中慎介と2ショットを直前に

スポーツ

井上尚弥がネリに怒り。ネリというと2018年に山中慎介との対戦時にも軽量失格をしており批判が殺到。そんな山中慎介と井上尚弥は2ショットを撮ったのがつい最近。今回はそんな井上尚弥のネリに対する怒りのツイートや実際に軽量失格となった動画などについてみてみましょう。

井上尚弥がネリに怒り

出典:井上尚弥ツイッター

井上尚弥がネリに怒りを表明したのは2019年11月23日の事。アメリカ・ラスベガスではWBC世界バンタム級挑戦者決定戦の前日計量が行われていました。前日計量をしたのはルイス・ネリとエマヌエル・ロドリゲス。そしてネリがやはり体重超過(およそ400グラム)で失格。その時の動画がこちら。

BREAKING! FIGHT CANCELLED – LUIS NERY FAILS TO MAKE WEIGHT / EMMANUEL RODRIGUEZ DOESN'T ACCEPT TERMS

このことに井上尚弥は怒りを見せて以下のようにツイートをしています。

ネリは再計量の意志を示さず計量失敗が確定。ロドリゲスサイドは試合を拒否して試合キャンセル。

井上尚弥がネリに怒りを見せた理由

井上尚弥が何故ネリに「ボクシング界から追放でいい」とまで言わせるほどの激しい怒りを見せたかと言うと、井上尚弥にとって今回の対戦相手はお互いに因縁があるため。

まず計量をきちっと行ったロドリゲスは2019年5月に行われたWBSS準決勝戦で井上尚弥と対戦をして井上尚弥が2回TKO勝ち。そして今回も軽量失格をしたネリは「俺は井上より上」「井上は経験不足」と挑発をし続けていました。また、井上尚弥自身もネリが18年2月に計量失格した時にはネリに対して以下のようにコメント。

「バンタム級なので、できることならやりたい」
「そもそも試合をできる状態にしてもらわないと、また同じことの繰り返し」
「いくらやりたくても、ルールを守らないと、ボクシングの競技にならない」
「それも関係なしにやりたい気持ちはありますけど」

この時の井上尚弥のネリへのコメントで「関係なしにやりたい」というのは内なる怒りを燃やしていた…?一度ならまだしも二度ともなるとさすがに看過できなかったのかもしれません。

山中慎介とネリの対戦時の影響

ネリが日本での「悪童」っぷりを見せたのは2018年2月28日の前日計量。体重制限は53.5キロであったもののネリはなんと55.8キロで余裕の体重超過で計量失格。これは2階級上に相当する重さ。2時間後の再計量でも54.8キロで計量失格。

翌日3月1日の試合では山中慎介が勝つと王座復帰。引き分け、もしくは負けの場合は王座が空位という条件でしたが山中慎介はネリに敗北。後味が悪いものとなったのは計量失格より前、2017年8月、WBC世界同級王者であった山中慎介への挑戦後に禁止薬物の陽性反応も出ていたため。

結局ネリはWBCバンタム級王座を剥奪。さらには無期限資格停止処分に加えてファイトマネーの未払金であった7割を凍結。しかし2018年6月には無期限資格停止処分が取り消されて6ヶ月の資格停止処分。2018年10月には対戦復帰をしています。

山中慎介のインスタで井上尚弥と2ショット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shinsuke Yamanaka official(@shinsuke_yamanaka_official)がシェアした投稿

今でもネリというとやはり山中慎介との因縁でドーピング疑惑や体重超過の件が取り沙汰されます。そんなネリと因縁を持つ山中慎介と2ショット。11月9日に投稿をされているため今回のネリの再び体重超過による計量失格に強い怒りを覚えた可能性が…。

井上尚弥の怒りに関するネットの反応

井上尚弥の怒りに同調する人は多数。山中慎介との対戦でネリには良いイメージが日本ではあまりないためそうなるのは当然出歩きもしますが。そんなネットの反応はこちら。

  • ネリは今まで甘やかされて来たからそろそろ厳罰処分が必要だろうな。 試合を楽しみにしていた立場からすると中止は無念だがロドリゲスが試合を受けてしまうとネリの好き勝手が何事もなかったかのようにされる事を考えると試合中止で事を大きく、中止の責任問題を大きくした方がいいね。
  • こうなると2キロ以上の超過で試合をさせた山中陣営の判断が、残念でならない。興行よりも選手の安全を優先させてほしかった。
  • 確信犯やろ。WBCは甘い裁定ばかりしてるから舐められてる。他団体では試合できない様にすべきか、井上が言うようにライセンス剥奪で良いと思う。
  • ここまでくると確実に確信犯だろう。しっかりと厳重な処分を行わないからつけあがってこんなことになる。強い弱いの問題ではなく根本的にプロとして失格。
  • 山中戦の惨状は酷過ぎた。体重超過で数階級上のネリと戦わされて壊されて現役引退。あの時、中止に出来ない日本のボクシング界にも失望したよ。
    相手を壊す為にワザと体重超過していたと今でも自分は思っている。
  • 山中戦の失態で、階級を上げさせなかった統括団体にも責任はあると思う。強制的に2階級くらいあげさせないとダメでしょ。適正階級に行けば、並の人。
  • 真面目な普通のボクサーは井上に限らず、皆んな怒って良いと思います。勿論、ボクシングファンも。今までこんなに失礼で酷いボクサーがいたでしょうか?減量が嫌ならヘビー級でも行けば良い。

ネリは一度の体重超過ならまだしも二回目ですしね。ボクシングはかなり細かく階級をわけているわけで、まずルールを守らないと階級を分けている意味がなくなってしまいます。どうしても体重が落とせないなら階級を上げれば良いわけで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました