山西利和出身高校は堀川高校。競歩20キロ世界選手権で金メダル

山西利和がドーハの世界選手権で
男子20キロ競歩で金メダル。
山西利和は20キロ競歩で
日本勢初の表彰台。

今回はそんな山西利和出身高校
などについてみてみましょう。


 

 

■山西利和出身高校など

名前:山西利和(やまにし としかず)
生年月日:1996年2月15日
出身:京都府長岡京市

山西利和の出身高校などについては
以下の通りとなっています。

出身中学:長岡京市立長岡第三中学校
出身高校:市立堀川高校
出身大学:京都大学

山西利和が陸上競技に
興味を持ったのは
小学校のマラソン大会。
その時に良い結果を得られて
嬉しかったのがきっかけ。

中学までは長距離を走っていますが
地区予選で負けるレベル。
そのため当時は勉強を優先し
一般入試で入学。

そんな山西利和が
競歩を始めたのは高校1年生のとき。
高校3年生の夏である2013年に
世界ユース選手権1万メートルで優勝。

そして山西利和は現役で
京都大学工学部に現役合格。
山西利和はセンター試験終了時はD判定。
2次試験で見事合格を勝ち取りました。
 

 

■山西利和が世界選手権で競歩金メダル

山西利和は京都大学卒業時、卒論
「空間同定法を用いた
信号の周波数推定」を提出。
卒業後は実業団である愛知製鋼へ。

山西利和は2019年10月4日、
陸上・世界選手権の第8日目で
20キロ競歩で金メダルを獲得。

山西利和の競歩20キロでの
金メダルは日本勢初の表彰台。
山西利和が金メダルを獲得したことで
2020年東京五輪代表に決定。
 

 

■おわりに

山西利和は2019年6月の
IAAF競歩GPラコルーニャ20kmでも
金メダルを獲得。
これも日本勢初。

山西利和は今回のドーハでの
世界選手権で競歩金メダルを
獲得したことで
2020東京五輪代表に決定。

そんな山西利和のコメントは
「ほっとする気持ち」。
プレッシャーのほうがあったようです。

ちなみに山西利和は
京都大学のインタビューで
スランプなどがあったか、
という質問に以下のようにコメント。

「求める結果に対して
足りないものを考えるときりがない」
「どんな状況でも不都合はある」
「今持っているのをどう活かすか?
を考えています」




コメント

タイトルとURLをコピーしました