岩井志麻子の夫失踪中は冗談。現在は離婚せず恋人も

作家、タレントである岩井志麻子
名前は知らなくても
有吉反省会などに出演する
インパクト絶大なヒョウ柄のあの人
というと分かる人は多いのでは。

そんな岩井志麻子は
年下の韓国人の夫がいますが
過去に失踪中であると明かすも
大げさに言っただけだと告白。

現在も離婚をしてはいませんが
他の恋人がいることを
岩井志麻子本人が堂々と告白。

今回はそんな岩井志麻子の夫が
過去に失踪騒動をしたこと、
そして元夫との離婚に
ついてもみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■岩井志麻子の夫

岩井志麻子は後述しますが
1988年に地元企業の社長である
最初の夫と結婚し娘と息子を出産。
1999年には離婚をし
その際に単身上京をしました。

そして2008年3月には
韓国のクラブでボーイとしていた
18歳年下の韓国人男性、
ジョンウォンと結婚。

2014年10月20日には
「ライオンのごきげんよう」に
岩井志麻子が出演。
その時に岩井志麻子は
夫のエピソードについて
以下のように語っています。

「日本に来る時に職業欄に
『岩井志麻子ヒモ』って書いて」

「浮気し放題。両方」
「金持ちで独身と偽り
韓国の女性と遊んでた」

この話が岩井志麻子の
夫の失踪エピソードに繋がります。

■夫の失踪

岩井志麻子の夫の交際相手の女性が
携帯電話をチェック。
そうすると岩井志麻子と
結婚していることに気づき
泣きながら岩井志麻子に電話を
かけてきました。

そのことで岩井志麻子も離婚を決意。
しかし離婚を察知し
夫は韓国国内で行方不明に。

岩井志麻子が韓国に渡り
警察に失踪届を提出という
エピソードを告白。

しかしこの夫が失踪中と言ったことは
実は単なる冗談であったと
2014年11月14日に明かしています。

実際のところは岩井志麻子は
大体夫がどこにいるかは
すでに把握しており、
会おうと思えば会えるとのこと。

ちなみに2017年2月には
ソウルと東京で別居生活を
送っていると明かし

2018年8月には
「ヒモ夫やバカ息子がいるから
仕事のやる気が出る」
と明かしているため離婚はしていません。
 

【スポンサーリンク】

 

■岩井志麻子の恋人

また、夫の失踪事件の際には
金さん(一応仮名らしい)という
新恋人が出来たという
ある意味副産物(?)も。

岩井志麻子は2014年5月頃に
夫と半年ほど連絡が取れず
ソウルの警察署へ。
その時は失踪届は出さず、相談しただけ。

その帰りにバーにより
金という人物と出会い恋人に。
そして2015年5月頃に
正式に失踪届を提出。

ちなみに夫は失踪届を出して
一週間経たないうちに発見。
トラックの運転をしていたとの事。

■ベトナムにも恋人

ちなみに岩井志麻子は
2018年7月に他にも恋人が
いることを明かしています。

およそ17年来の妻子ある男性、
グエンという人物。
妻子がいるので未来の約束は出来ず。
しかしだからこそ
うまくいっているとのこと。

岩井志麻子とベトナムの恋人の話は
岩井志麻子の著作「trai cay」
(チャイ・コイ)の原案にもなっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■元夫との結婚と離婚

岩井志麻子が育った岡山では
祖父の時代までは恋愛結婚も
「野合」と呼ばれてふしだらであると
思われていました。

実際に岩井志麻子の
祖父母は父方も母方も
結婚式の日に初めて
相手をみたとのこと。

岩井志麻子の親の代では
恋愛結婚も普通になったものの
岩井志麻子の親は見合い結婚。

岩井志麻子は最初の夫とは
実は元々結婚をする予定は
なかったとのこと。

しかし前の夫の部屋で
行為をしている際に
元夫の父親が部屋に入ってきて
呼び出されて結婚をするのかと
すごまれたとのこと。

その場の勢いで岩井志麻子は
「はい」と言ったために結婚へ。

娘と息子も生まれますが突如旦那から
「長年(5-6年)付き合ってる女性が
いるから離婚してくれ」
と言われます。

岩井志麻子は離婚したくなかったものの
その時に丁度岩井志麻子の小説
「ぼっけえ、きょうてえ」が
日本ホラー小説大賞の最終選考に。

そのため岩井志麻子は
もしホラー大賞を取れたら
離婚すると言い、
ホラー大賞を受賞し離婚へ。

■おわりに

岩井志麻子と現在の夫は
なかなかユニークなエピソードも。
岩井志麻子の愛犬の名前は「竹島」
ただし夫は「独島」と言っており
領有権を主張しているという鉄板ネタ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください