ナイツ土屋の母親は演歌歌手の津島亜希で事務所の先輩だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マセキ芸能者に所属している
お笑いコンビ、ナイツの土屋伸之。
実は母親は演歌歌手の津島亜希。

母親もマセキ芸能社に所属していたため
ナイツもマセキに事務所を
決めたという経緯があります。

今回はナイツ土屋の母親についてと
ナイツの結成秘話についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ナイツ土屋の母親について

ナイツ土屋の母親は津島亜希であり、
マセキ芸能社に所属していた演歌歌手。

津島亜希は長崎の対馬であり、
母親の先祖は元寇の時に
一番敵を倒した武将であった事を
2015年7月23日のラジオ
「清水ミチコのラジオビバリー昼ズ」で
語っています。

また、ナイツ土屋の母親は
2010年6月に土屋和子名義で
土屋伸之と母「他人じゃナイツ」として

「お笑い芸人親子で
漫才王座決定戦スペシャル5」に
出演をしています。

他にも2017年9月17日放送の
「ウチくる!?」にナイツ土屋の母は
サプライズで登場。

実はナイツ土屋は1歳の時に
白血病の疑いがあり
がんセンターへ行き即日入院。

祈ることしかできなかったものの
3ヶ月を過ぎた頃から回復して
無事に退院し、小学校に上がる頃には
病院に行くことも少なくなったと
語っています。
 

【スポンサーリンク】

 

■ナイツ結成秘話

ナイツの土屋と塙は共に
創価大学落語研究会の出身。
塙が何人かに声をかけて
最終的に土屋が了承し
今のナイツという形になりました。

塙は最初、現在はミュージシャンをしている
なんでも出来る才能がある人物
に声をかけたものの彼は音楽を選びます。

次に背が低くてバランス的にも良く、
面白いことを考える人物を誘ったものの
「人前に出るのに向いていない」
として断れれます。

そうして最終的に、当初は
公認会計士になるために
勉強をしていた土屋に声がかかります。

元々ナイツ土屋は二年生の途中まで
公認会計士になるため
1日10時間勉強をしており、
その時の唯一の楽しみが塙が部長をしていた
落語研究会が大学でやっているライブ。

ナイツ土屋は公認会計士を諦めた時に
大好きだった落語研究会に
2年の秋に入ったという経緯。

そのように参加が遅かったので
当初は不慣れであり
最初の1,2年は塙は土屋に気を遣って
ボケをセーブしていたよう。

今ではもう無遠慮にボケることが
出来ていますけれども。

■おわりに

そうして結成されたナイツですが
事務所をどこにしようかという話になって
ナイツ塙の実兄である芸人のはなわは
ケイダッシュで

兄は当時売れていなかったため、
兄と同じところも嫌だと思い兄と相談した所
マセキか浅井企画が
良いんじゃないかと言われ

ナイツ土屋の母親が
マセキに入っていたこともあり
マセキに入ろうという事になったとのこと。

ナイツ土屋の母親も演歌歌手で
マセキに入ってテレビ慣れをしているためか

ちょくちょくバラエティで共演をしますし
母親の事を見る機会は
もっと増えるのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA