村井國夫が心筋梗塞で舞台降板。嫁や息子も病気を過去に…

芸能

村井國夫が心筋梗塞で舞台降板した事が明らかになりました。村井國夫は嫁の音無美紀子も乳がんやうつ病に悩まされ、息子の俳優・村井健太郎も難病であることが明かされています。

今回は村井國夫が心筋梗塞により舞台降板をしたこと、嫁の音無美紀子が乳がんやうつ病になっていたことや息子の村井健太郎も難病であったことなどについてみてみましょう。

村井國夫が心筋梗塞で舞台降板

出典:桟敷童子ツイッター

村井國夫が軽度の心筋梗塞である事が明らかになったのは2019年12月8日。公式サイトにて村井國夫が体調不良を訴え診察をした結果軽度の心筋梗塞であると診断されたことを報告。そのため12月3日から主演していた「獣唄」の舞台降板も発表されました。

村井國夫が舞台降板したことで12月9日(月)、10日(火)は休演。11日(水)から村井國夫の代役として原口健太郎をたてて舞台を継続すると発表されました。舞台は15日まで続きます。

村井國夫の嫁は音無美紀子で…

村井國夫は一度結婚、離婚をした後に1975年に音無美紀子と結婚。ちなみに実は村井國夫と音無美紀子が交際した時に嫁がいてまだ離婚していなかった状態。これは音無美紀子も後から知ったと語っています。

長女で女優の村井麻友美、長男で俳優の村井健太郎の一男一女一をもうけます。しかし嫁の音無美紀子がいても女性関係は幾度か話題に

女性自身が2008年6月、9月に女性と仲睦まじい様子を目撃。音無美紀子も村井國夫の行動に関して「脇が甘い」「もっとしっかりやってほしい」と厳しい(?)コメント。

音無美紀子も乳がんやうつ病を…

音無美紀子が乳がんになったのは38歳の時。入院中はリハビリにも意欲を示しており看護師が「今日はもうやめましょう」と言うほど。しかしいざ退院をすると「何も出来ない」と思うようになってしまいます。

これは音無美紀子は左乳房の全摘手術をしていたので。そのために音無美紀子は子供が飛び込んだ時に胸をかばわなければいけず一緒にお風呂も入る事もできませんでした。そうして入院中は気づかなかったものの「私は病人なんだ」と思い知らされたと感じてしまい、更には抗がん剤の副作用で体調も悪くなりマイナス思考に。

音無美紀子はそのような状態で「もう生きられない」と思ってしまいますがその時に村井國夫が以下のように語って支えてくれたことを告白。

「じゃ、あと3年ね
「3年生きたら、3年分の成長見られるから、3年だけでも楽しもうよ」
(ある程度経つと)
もう1年でいいから、1年生きてくれたらいい」
「僕が後は育児ができるように、君に何でも教わるよ」
「育児も教えて、学校のことも教えて」
「区役所のこと、銀行のこと、全部教えて」
1年で何とか覚えるから、1年生きてよ
音無美紀子が弱音を吐いても村井國夫が辛抱強く支えてくれたために現在も生きていると感謝を告げています。

息子の村井健太郎は難病だった

村井國夫と嫁の音無美紀子の息子は俳優の村井健太郎。実は息子は最初は難病であったことを告白。このことは村井國夫・村井麻友美の共著である「妻の乳房 -『乳がん』と歩いた二人の十六年」にて以下のように語られています。

神につながれば息子の病気は治るという」(中略)「出家をしなくても、身代わりにならなくても、神に近づける道があると聞いたとき、私は飛びついたのだった」
息子の難病をきっかけに宗教に入信。音無美紀子は出家することで息子が救えるのならしたいものの、夫や娘を残してはいけないと思ったため、出家ではなく金銭を出すという道を差し出されて飛びついたということに。また、その後息子の難病は奇跡的に回復。現在は俳優として活動するまでに至っています。

音無美紀子、村井國夫の浮気については…

音無美紀子は村井國夫の浮気について「数々あります」などと2018年1月20日放送の「おかべろ」で暴露。ただし音無美紀子は浮気相手が例えわかったとしても問いただすことはないと断言。その理由は浮気を問い詰めてしまうともとの関係に戻れないため。そのためあえて知らないふりをしていたということを告白。

ただし何も思ってないかというともちろんそうではなく、結婚生活をやめようと思ったことは何度かあったとしており村井國夫の浮気についても「エンディングノートに書いておこうと思っています」と明かしてもいたり。

村井國夫が心筋梗塞で舞台降板についてのネットの反応

村井國夫が軽度の心筋梗塞。舞台降板をしたことではやはり心配の声が。ネットの反応は以下の通り。

村井國夫は来月も舞台じゃなかった?そっちは大丈夫なのかな
村井國夫が吹き替えのインディ・ジョーンズが見たい
親世代の役者が体調不良で舞台降板は心配になる。ご自愛いただいてゆっくり休んで欲しい。
早い回復をして欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました