中島知子が現在、占い師による洗脳騒動は嘘と告白。近況も掘り下げられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一時期は占い師による洗脳騒動が取り沙汰され
表舞台から姿を消していた時期のある元オセロの中島知子

現在は洗脳騒動を振り返り、
そもそもが嘘であったと告白しています。

また、2017年9月20日には
テレビ番組に出演をし、現在の近況についても
語られることが明らかに。

今回は中島知子の洗脳騒動の振り返りと
中島知子本人がどのように嘘であるかを
否定したかについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■中島知子の洗脳騒動

中島知子は2011年4月に無期限休養が発表されました。
実は中島知子は占い師とされる女性と
2005年に知り合い、2008年から同居。

次第に中島知子はオセロ時代の相方である
松嶋尚美に対する言動が変化し体重も激増。

そして中島知子は自宅マンションに引きこもるようになり、
2011年8月からは個人事務所と自宅マンションの家賃を滞納し
立ち退きを要求されて裁判に出廷しなかったため敗訴。

2012年3月に中島知子の父親らが中島知子を保護。
その後に事務所に無断でテレビ出演をしたことで
2013年4月には中島知子は
マネジメント契約を解除されています。

■中島知子が洗脳騒動自体が嘘だと主張

そうして中島知子は
2015年11月13日に「ダウンタウンなう」で
洗脳騒動を嘘であると語りました。

まずは最初の激太りについては、
恋人と破局したためだと言われていたものの
中島知子から破局を告げたとし、
井上陽水や松崎しげるとの交際疑惑についても嘘であると否定。

2011年からの洗脳騒動で芸能活動を休止した理由については
中島知子と事務所の経営方針が合わなかったため。
ボイコットをして仕事をやめようとおもったと語っています。

また、占い師が家にいたのは
仲が良いとしょっちゅう家に来るだけで
同居をしていたわけではなく、
専業の占い師すらでないただの友人とのこと。

洗脳騒動で騒ぎになっていても
中島知子の家に占い師が通っていたのは
単に意固地になっていただけだとしています。

そして洗脳騒動という嘘は
中島知子が家族仲の悪い家庭に育っており
親への送金を止めたら今まで養っていた妹が
母親と組んで洗脳騒動という嘘をでっちあげたと主張。
 

【スポンサーリンク】

 

■中島知子は2016年に再び占い師に心酔疑惑も

そして2016年3月には中島知子は洗脳騒動後に
前述の女性占い師とは別の、
高島易断宗家の高島龍峰総裁という占い師に
心酔をしていることが週刊女性により発覚。

高島龍峰総裁も中島知子が
2015年の9月か10月あたりから
週に一度くらいのペースで
相談を受けていることを認めています。

中島知子は高島龍峰総裁によると
相談を受けるようになって
中島知子は立ち直ってきたとも語っています。

■おわりに

そのように洗脳騒動があり、
それを嘘であると語った中島知子。

2017年現在の近況について
2017年9月20日放送の「じっくり聞いタロウ~スター(秘)近況報告~」で
様々な事を暴露するとのこと。
洗脳騒動について新たな暴露があるのかが気になる所。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA