RiRiKAが結婚!旦那は青木良太(陶芸家)。動画で制作過程も

RiRiKA(宝塚時代は花咲りりか)と
陶芸家の青木良太が結婚することが明らかに。

RiRiKAはカラオケバトルで
優秀な成績を残しており話題になり、
結婚した旦那の青木良太は
情熱大陸などにも出演。

今回はそんなRiRiKAと
旦那の青木良太が結婚したこと、
RiRiKAのカラオケバトルの動画や
陶芸家・青木良太の
動画での製作過程についても
みてみましょう。


 

 

■RiRiKAと青木良太の結婚

RiRiKAと青木良太の出会いは
2018年11月の台湾。

RiRziKAは2018年11月16日から2泊3日の
「潔癖症RiRiKAと旅好き
マネージャーの笑える台湾ツアー」
で台湾を訪れていました。

陶芸家・青木良太は2018年11月17日から
2018年12月8日まで台湾で
個展を開いており
同じ鶏鍋店で一緒に。
この時に連絡先を交換。

そして2019年7月に青木良太が
仕事で上京をした際にRiRiKAを
食事に誘い結婚前提の交際が開始。
2019年8月には結婚をすることが明らかに。

RiRiKAは結婚後は旦那の
青木良太のスタジオがある
岐阜県土岐市で生活をすると
決めているとのこと。
 

 

■RiRiKAについて

名前:RiRiKA
宝塚時代の芸名:花咲りりか(はなさき りりか)
生年月日:1994年12月26日
出身:大阪府堺市

RiRiKAの両親は社交ダンスの
ビッグバンドをしていた人物。

音楽好きなRiRiKAですが
高校時代は進路に悩み、
母親が宝塚を受験したものの
不合格となったことで自分も挑戦を決意。

RiRiKAは2001年に宝塚音学校に入学し
2003年に89期生、花咲りりかとして
宝塚歌劇団に入団。

そして花組に所属をして2回首席。
歌唱評価で史上初の「秀」を取得するも
シンガーソングライターの夢を捨てきれず。

2006年12月6日に宝塚歌劇団を退団。
2007年にRiRiKAとして
芸能界入りを果たします。

2011年にはMARiEと共に
ユニット「ファンタスマゴリック」を結成。
2013年に東宝芸能に移籍をし、
東宝芸能のアーティスト第一号に。

そしてその後はRiRiKAは
カラオケバトルなどに出演をして優勝。
それ以降も優勝争いに食い込むように。

RiRiKAのカラオケバトルでの
動画はこちらになります。

【カラオケバトル公式】RiRiKA 時の流れに身をまかせ/2017.3.15 OA(テレビ未公開部分含むフルバージョン動画)

RiRiKAは2018年3月まで
カラオケバトルの番組TOP7のうち1人に。
また、2019年6月にも
「カラオケバトルコンサート2019
IN中野サンプラザ」などにも出演。
 

 

■陶芸家・青木良太

名前:青木良太(あおき りょうた)
生年月日:1978年3月3日
出身:富山県

青木良太はもともとは陶芸とは
全く関係ない大学に進学。
自分の好きなことを職業にしようと思い
最初は洋服を独学で製作。

お店が委託で置いてくれるようになったものの
サイズが人によって違うため
どうしても時間がかかります。
そのため次はアクセサリーを作り
これまたヒットをするも金属が
どうにもなじまず。

その後雑貨屋にいくと陶芸家の作品に出会い、
いざやってみると「これしかない!」と衝撃。

卒業まで3ヶ月の時に陶芸家の
経歴を調べると多くの陶芸家は
立派な大学を卒業。

もう大学にもいけないと思い
諦めずに調べると市がしている陶芸学校、
多治見市陶磁器意匠研究所を発見。

2002年にそこを卒業し陶芸家に。
2004年にはスイス・ジュネーヴに留学。
様々な賞を受賞し青木良太は
メディアにも大きく扱われるように。

2009年10月25日には情熱大陸にて
青木良太は「異色の陶芸家」
として紹介をされました。
基本的なスタイルが頭にターバン、
耳にシルバーのピアスと
パット見では陶芸家に見えないのが理由。

また、青木良太は現在
陶芸家として制作過程の一部を
Youtubeなどで公開しています。

How to makes ceramics 『 Bol 』陶芸家 『 青木良太 』 RYOTA AOKI POTTERY

また、WEB個展なども開催しています。

さらには青木良太は
弟子を募集したりもしています。

■おわりに

青木良太は陶芸家ですけれど
新しいテクノロジーを
取り入れることに貪欲。

さすが陶芸界の革命児と
言われる青木良太。



コメント

タイトルとURLをコピーしました