沢田富美子の不動産成功は聖書のおかげ。そして現在港区が大好きに…

「ちょっと春風」でデビューをした
元アイドル歌手の沢田富美子

現在は不動産投資が成功し
美人不動産女王と言われています。
そんな沢田富美子の不動産成功は
実は聖書のおかげ。
そして現在沢田富美子は
港区が大好きになっていたり。

今回は沢田富美子が
現在不動産投資を成功させたのは
聖書であるということについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■沢田富美子について

名前:沢田富美子(さわだ ふみこ)
生年月日:1961年12月18日
出身:愛知県名古屋市

沢田富美子は堀越学園の
同級生で友人でもあった
松田聖子に憧れて1981年に
「ちょっと春風」で
アイドル歌手としてデビュー。

ポスト聖子とも言われたものの
デビューをしたことで満足。
上を目指そうにも努力だけでは
どうにもならないと挫折。
そして沢田富美子は20歳から21歳にかけて
パリとニューヨークに留学。

帰国をして22歳のときには姉とともに
アートギャラリーの会社を経営し、
28歳の時に会社経営者の旦那と結婚。

32歳で子供もうまれるも
妊娠7ヶ月の時に旦那は食道がん発覚。
出産後間もなくなくなりました。
 

【スポンサーリンク】

 

■不動産が沢田富美子を救ってくれた

最愛の旦那を食道がんでなくした
沢田富美子を救ってくれたのが不動産投資。
実は子供の頃から沢田富美子は
不動産情報誌を読んでいた人物。

実は19歳のときには
すでに大田区に2500万円の
ワンルームを二戸購入し、
後に売却をして800万円の利益を
生み出していたという実績がありました。

そして最愛の旦那をなくし精神状態が
不安定な時に心が落ち着いたのが
友人がくれた牧師のメッセージテープ。

しかし繰り返し聞いているうちに
テープも切れて聞けなくなってしまい、
自ら命をたとうとした時に
テープをくれた友人がやってきて
抱きしめてくれました。

その後落ち着いた沢田富美子が
したいと思ったのが
子供の頃からしていた不動産投資。

自分らしく生きるために
不動産投資を本格的にしようとし、
不動産投資のアンテナを張っていると、

旦那とデートをしていた麻布十番の角地に
売地が出ていると聞いて運命を感じます。

ただし周囲の人は大反対で
沢田富美子は購入を悩んでいました。
 

【スポンサーリンク】

 

■最後のひと押しは聖書

客観的に見るとマイナスの材料も多い
その不動産投資。
迷った挙げ句に沢田富美子は
聖書を開きました。
すると以下のような言葉を見つけます。

「機会を十分に生かして用いなさい」
「悪い時代だからです」
(エペソ5章16節)

「私は秘められた財宝と、
ひそかなところに隠された宝を
あなたに与える」
(イザヤ45章3節)

沢田富美子が聖書を開くと
まさに神様が勧めてるとしか
思えない状況。
そうして沢田富美子は
勝負に出て最終的には5倍、6倍にも
値段が跳ね上がりました。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

沢田富美子の不動産投資は
子供の頃から興味を持っていたものの
最終的には聖書の導きにより
大きな成功をしたということに。

旦那とデートをした
思い出の港区であるため
沢田富美子は現在は港区しか愛せず、
銀座より東に行くと
早く帰りたくなるとも明かしています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください