春風亭昇太結婚!嫁は宝珠小夏(下薗利依)

春風亭昇太が笑点で結婚を告白し
その後バンキシャでお相手について
明かしてから一夜。

結婚相手については春風亭昇太は
一般人と語っていましたが
日刊スポーツによると
元タカラジェンヌなど詳細な情報が。

日刊スポーツの情報を総合すると
嫁は元タカラジェンヌの宝珠小夏。
現在は下薗利依として
「ソロモン流」に出たこともある
人物の可能性がかなり高いことが明らかに。

今回はそんな春風亭昇太の
結婚相手の嫁と見られる
宝珠小夏(下薗利依)について
みてみましょう。

2019年7月9日追記

春風亭昇太の嫁が下薗利依であると
2019年7月9日の女性自身によって
報じられました。

追記おわり


 

【スポンサーリンク】

 

■春風亭昇太の結婚相手が宝珠小夏(下薗利依)の可能性

春風亭昇太の結婚相手の嫁は
春風亭昇太本人はバンキシャにて
一般人であると答えていました。
(今思えばどことなく
濁した感じでしたけれど)

しかし2019年7月1日の日刊スポーツによると
春風亭昇太の嫁は以下のような人物。

■40歳
■元タカラジェンヌ。
■約4年間娘役。
■退団後はドッグプロデューサー。
■現在はペットショップと
ペット関連学校役員。
■犬関連著書も。

この条件に当てはまるのが
宝塚歌劇団卒業生の宝珠小夏。
現在は下薗利依として
活動をしている人物。

後に詳述しますが上記条件に
すべて当てはまっています。

■40歳
→1978年8月生まれ。

■元タカラジェンヌ
→1997年入団し雪組配属で娘役。

■約4年間娘役。
→1997年-2001年在籍。

■退団後はドッグプロデューサー。
→ドッグプロデューサーとして
「ソロモン流」に出演。

■現在はペットショップと
ペット関連学校役員。
→ペットショップ・青山ケンネル経営。
→青山ケンネルカレッジ学長。

■犬関連著書も。
→『犬からの贈り物』出版

こうみると春風亭昇太の嫁は
宝珠小夏(下薗利依)の可能性がかなり高い。
 

【スポンサーリンク】

 

■下薗利依のプロフィール

名前:下薗利依(しもぞの りえ)
芸名:宝珠小夏(ほうじゅ こなつ)
生年月日:1978年8月28日
出身:東京都世田谷区

下薗利依は東京女学館の
小学校、中学校、高等学校をへて
宝塚歌劇団に1997年に83期生として入団。
宝珠小夏として雪組の娘役に。
実は元々母親も祖母も宝塚ファン。

女の子が生まれたら絶対に
タカラジェンヌと思っていたとのこと。
そんな下薗利依が2001年に
退団をしたのは父親の体調が悪くなったため。

実家の家業である
動物の仕事をしてほしいと
母親から頼まれたとしています。

2001年に叔父に師事をし
トリマー資格を取得。
2003年にはペットショップ・青山ケンネルを
プロデュースしドッグサロン
「VERONIQUE」を開店。

2005年にはトリマースクール
青山ケンネルカレッジの学長に就任。
2009年には書籍「犬からの贈り物」を出版。


下記画像はAmazonへのリンクです。


また、下薗利依は2011年4月17日放送の
「ソロモン流」に下薗利依が出演。
その際に下薗利依は
お客へのカウンセリング後に

最適な犬を見つけ出す、
「パピーオーダーシステム」を
始めたことなどが紹介されていました。
更に下薗利依の代表的な
役職は以下の通り。

■青山ケンネル株式会社 専務取締役
■(学)シモゾノ学園
国際動物専門学校
大宮国際動物専門学校 副理事長
■NPO法人 日本動物福祉職能協会理事長

 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

春風亭昇太が結婚し
その嫁が一般人と言われていましたが
元タカラジェンヌであり、
実はメディアにも時たま
出演をしている下薗利依である
可能性が高いということが判明。

ちなみに下薗利依はブログで
2016年11月に春風亭昇太司会の
NHK歌謡チャリティコンサートに
行ったことを報告。

2016年12月には
春風亭昇太らが出演をする
「縞へび」と「ザ・フルーツ」の
ライブに行ったことも報告。

また2019年1月、年始に
着物を来てブログで
挨拶をしている画像もあり
「着物の似合う和風美人」という
春風亭昇太の紹介は確かにあっています。

これだけ条件があって別人というのは
少々考えづらいですが…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください