八千草薫が現在すい臓がん転移で肝臓がんと発表も最初は乳がんと告白

2019年2月に「やすらぎの刻~道」を
体調不良で降板した八千草薫
その後すい臓がんであることを
公表しましたが実は最初のがんは
乳がんであると明かしました。

今回はそんな八千草薫が
現在すい臓がんから肝臓がんに
転移をしたと発表したものの
最初のがんは乳がんであったと
明かしたことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■八千草薫のがん発表の経緯

八千草薫は2017年4月-9月放送の
ドラマ「やすらぎの郷」に出演。
2019年4月スタートの関連ドラマ
「やすらぎの刻~道」に八千草薫は
出演予定でありましたが
2019年2月9日には体調不良により降板が発表。

そして八千草薫は当日に公式サイトにより
2017年末にすい臓がんであると判明したこと、
そして2018年1月にすい臓がんの手術をするも
2019年に入って肝臓がんが発覚。

そのために八千草薫はがんの治療に
専念をするために休養を
決意したと発表されました。

八千草薫の関係者に拠ると
すい臓がんが見つかったのは
2017年末の人間ドックにて。
2018年1月にすい臓の
全摘手術をして2ヶ月療養。

2018年3月には仕事に復帰をし
抗がん剤治療をしながらも
活動を続けていたとのことです。
 

【スポンサーリンク】

 

■八千草薫の最初のがんは乳がんだった


下記画像はAmazonへのリンクです。


八千草薫は2019年6月28日に
「まあまあふうふう。」を出版。
前述のように八千草薫は当初は
2017年末のすい臓がんが
最初であるとしていましたが

実は2017年春の乳がんが
最初のがんであることを明かしました。
とはいえ摘出手術をしており、
医者も驚くほどの小さな腫瘍。
手術は日替わりで終わっていました。

また、八千草薫はそのように
乳がん、すい臓がん、肝臓がんなどと
大きな病気にかかったために死生観も変化。

■おわりに

八千草薫は2018年8月9日には
舞台「黄昏」の公開稽古に出席。
その際には朝でもいつでも
お肉を食べているとして
健康の秘訣を明かしていました。

ちなみに2019年に97歳となった
瀬戸内寂聴もも日常的に肉や酒を
飲食しているというのは有名。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください