高崎商科大附属高(群馬県)の体罰動画SNS拡散、教師は謹慎!理由はある一説が…

メディア

高崎商科大附属高の教師が生徒の椅子を引くなど体罰動画がツイッターなどで拡散し炎上。しかし経緯などが表には出てこず…。教師側の行為だけは報じられたものの、「なぜそうなったのか」の背景が出てこないため現段階では判断が出来ない状態。

今回は高崎商科大附属高の体罰動画の背景にとある一説が流れていることについてみてみましょう。 

 

高崎商科大附属高で体罰動画が…

出典:高崎商科大附属高Youtubeチャンネル

高崎商科大附属高の体罰動画が拡散されたのは2019年10月21日のこと。群馬県高崎商科大附属高のスマホを使った授業中での出来事。体罰動画は現在もツイッターなどで拡散中。高崎商科大附属高の体罰動画の流れは以下の通り。

  • うつむいた男子生徒と立って怒っている男性教師が向かい合っているところから開始。
  • 右手を握りしめながらゆっくりと男子生徒の額を押す。
  • 「何?聞かねえじゃねえかお前、なあ」と男性教師が言う。
  • 言いながら机を引いて倒す。
  • 男性教師が男子生徒の椅子の足を掴んで手前に引っ張る。
  • (撮影者?)「えっ」という声が漏れる。

高崎商科大附属高の体罰動画はSNSで拡散され動画を見た保護者が激怒。高崎商科大附属高サイドはこの日のうちに問題を把握し、群馬県学事法制課に報告。教師も事実であると認めて謝罪。高崎商科大附属高としても2019年10月31日には保護者会を開いて謝罪をしました。

高崎商科大附属高の校長は体罰行為はあってはならないとして教職員への徹底指導を約束。体罰動画により教師は担任を務めていたものの担任から外されて一週間の自宅謹慎処分。 

また、生徒の親も「子供に悪い所もあった」と語っており納得はしていないものの、自分の子供にも悪い部分があったことは認めており、先生には戻ってきて欲しいとも語っています。例の授業の後にホームルームで謝罪をしたとのこと。

 

理由にとある一説が流れてもいた

この高崎商科大附属高の体罰動画で争点となっているのが「このように至った背景がわからない」ということ。もちろん体罰自体はいけないことですが、男子生徒側に全く問題は無かったのか?というのが多くの人にとって疑問に。

ニュースなどで流されている体罰動画はモザイクがかかっていますがSNSで拡散しているものはモザイクがなし。体罰動画を見ると分かるのですが、男性教師が男子生徒に怒っている時に他の生徒は神妙にしているわけでもなく、普通に机に座っている生徒もおり談笑しているざわめきが聞き取れます。また、とあるツイートから以下のような説も流れています。

  • スマホの授業は「クラッシー」という勉強のアプリを使うための授業。
  • 授業中はクラッシー以外を開いてはいけないと注意。
  • つまり動画撮影者はそれを聞いていない。
  • クラッシーの記入の仕方を聞いても生徒は聞いておらず、何度も言い直していた。
  • そのような行為が繰り返されて先生が激怒。
  • 先生のことを疎ましく思ってた生徒がSNSに拡散。

上記のような説が流れても居ます。事実であるかは不明ではあるものの、説得力はありますが…。正直な所動画の一部だけを見てもどちらが悪いか判断は出来ず。 

また、高崎商科大附属高の教頭も「生徒が指示と違うことを行っていた」ためにあってはならない行為をしてしまったとしています。

追記

動画は実は1時間だけで削除。しかし第三者がすでに保存して拡散してしまったとされています。動画の撮影者は「ここまで拡散するとは思わなかった」「何も考えずに登校してしまった」などと反省。

また、クラスの37人全員(体罰を受けた生徒も動画撮影者も)が教師に復帰して欲しいと手紙を書いて教頭に提出したとのこと。

追記おわり

教頭が体罰の理由を明かしていた

高崎商科大附属高では基本的に登校時にスマホを預かり、帰る前に返すというルール。そして問題の授業の際はロングホームルーム。元々生徒は何度も注意されてスマホを一時没収。

(体罰動画ではここは録画されておらず)その後スマホを返したものの、該当生徒が今度はスマホで動画を見始めたので激怒したとしています。

また、別のクラスの生徒や卒業生は熱心で優しい先生であるとし、体罰動画を見ても信じられないとしており評判が良かったとのこと。本来の謹慎期間は過ぎているものの、混乱を避けるために教師は現在も自宅待機中。

 

町田総合高校の「挑発動画」の例を連想する人も

高崎商科大附属高の体罰動画について慎重な意見は比較的多め。その理由としては2019年1月に報じられた、東京都町田市の都立町田総合高校で男性教師が生徒を暴行した動画の前例があるため。

この時の暴行の経緯は2019年1月15日、生徒が教室に入ってきた教師に怒り文句を言ったことがきっかけでした。実は生徒が教師に「どう落とし前つけんだよ」「脳みそねえのかよ」と挑発。その結果教師が殴たという経緯。しかも動画には「ツイッターで炎上させようぜ」という声も含まれていました。

しかし一部のテレビ番組ではそのような生徒サイドが挑発をする場面は映されておらず、メ切り抜きであると大きく批判の声も…。 

 

暴行動画のSNS拡散に対するネットの反応

なんというか体罰は基本的にダメであるのは確かなんですが、それを生徒側が完全に把握して教師を完全に舐めてかかるのもそれはどうなんだろうなぁと思ってしまう。今回の暴行動画の経緯にしても信憑性がある内部情報は出てきていませんし。そのためネットの反応も以下のように慎重な反応が多め。

  • 生徒側にも問題ありそうだけど
  • 暴力を振るうように挑発して別の生徒が撮影していた件もあるしどうなのかな
  • 最近ニュースもインパクトを与えたもの勝ちのような印象を感じる
  • 経緯も含めて検証しないとフェアじゃない
  • 体罰がダメなら生徒側にも厳しいルールを課さないと駄目になる
  • 子供が100%正しいとは今の時代信じられなくなったしな
  • もう監視カメラ導入でいいんじゃない?警察の取り調べもだけどさ、透明化しようよ
  • 杓子定規の授業しかさせないならAIで十分でしょ

体罰自体は基本的にやっちゃだめですし、椅子を引くのは本当に危ないのでアウト。ただしどのような経緯で体罰に至ったかを知らないと改善も何も無いと思うんですよね。とはいえ高崎商科大附属高サイドが何かを言ったとしても言い訳にしか聞こえないというのもあるんでしょうけれど…。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました